ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

京都市営地下鉄丸太町駅からの、今だけの道案内です(^-^)

1.地下鉄丸太町駅②番出口を左に進んでください。
  進行方向右には御所(京都御苑)の緑が見えます。

2.1つめの信号を渡らずに左へ曲がってください。(烏丸下立売の表示があります)
  角の聖アグネス教会(レンガ造りの教会)に立派なあじさいが咲いています。
f0068517_148917.jpg


  ちょっとピントが合っていないですね(^^;) 実物はもっとキレイです☆
  レンガ色を背に、薄紫色がとっても映えています。
  あじさいを見ながら曲がってくださいね。曲がってからは見えません…。

3.しばらく歩くと、今度はくっきりした青紫が鮮やかなあじさいが左手に見えます。
f0068517_1494199.jpg


  これも実物の方がキレイです!きっと丹精込めて育てられたのかと(^^)
  額あじさいとのコントラストが素敵です。

4.このあじさいが咲いているお店の角を左に曲がってすぐ、
  左(東)側3軒目、ビルの2・3階がウィメンズカウンセリング京都です。
  1階は喫茶「コサージュ」です。

お疲れさまでした!

夏の講座アラフィの「あの手この手」 、あと少し空席がございます。
(すでにお申し込みくださったみなさま、ありがとうございます!)
お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ。
by wck-news | 2009-06-20 14:18 | WCKについて(地図など)
6月のオススメ本コーナーです!
推薦したくれた4人のみなさん、ありがとうございます。

義母もまた子どもの頃から孤立と無援のなかにいた。

虐待の家―義母は十五歳を餓死寸前まで追いつめた

佐藤 万作子 / 中央公論新社

虐待の家―義母は十五歳を餓死寸前まで追いつめた

「陰口をたたく、それは心の換気よ・・・」のっけからこんなセリフで始まるイラストです(まんがというのかもしれないですが)。「女たちのホンネ・トークはおもしろいゾ」のあとがき通りの一冊です。

刺繍―イラン女性が語る恋愛と結婚

マルジャン・サトラピ / 明石書店



刺繍のM・サラトビ監督らによるアニメ作品。カンヌ国際映画際審査員賞を受賞。
2007年フランス
監督:マルジャン・サラトピ ヴァンサン・バローノ
声  :キアラ・マストロヤンニ、カトリーヌ・ドヌーブ

ペルセポリス [DVD]

ポニーキャニオン



著者は、2003年、「性同一性障害」であることを公表のうえ、世田谷区議会議員に当選。
誰もが自分らしくのびやかに暮らせる「寛容な社会」を創るための熱いメッセージにあふれる本である。

変えてゆく勇気―「性同一性障害」の私から (岩波新書)

上川 あや / 岩波書店



著書は60年生まれで、神奈川県児童相談所勤務の児童福祉司。
ひとつの影響が次のマイナスの影響の可能性を高めてしまう貧困問題について、多角的に考える本である。

子どもの最貧国・日本 (光文社新書)

山野良一 / 光文社



15歳のクレアと産婦人科医の母が、冷蔵庫にマグネットで貼りつけたメモに
くりひろげる母娘関係。取り返しようのない時間とかけがえのない2人の物語。
1時間もあれば読めてしまう斬新な小説手法もいい!

冷蔵庫のうえの人生

アリス カイパース / 文藝春秋


by wck-news | 2009-06-07 23:02 | 本・映画・DVD

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News