ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

7月のフェミニストカウンセリング講座Ⅰは「ジェンダー」(全3回)でした。
参加された方たちのご感想の一部をご紹介します。
(HP掲載の許可をいただいた方のご感想のみ掲載しています)

☆ すこし内容がむずかしいと感じるところもあったが、とても興味深い内容
 ばかりでした。自分のなかにも、気がつかない位に「ジェンダー」がひそんで
 いたんだなということに気づきました。
 自己尊重感がもちにくいのも、女性が自己尊重感をもちにくくするような社会
 システムになっているからだということに怒りを感じました。
 色々な気づきがあったので受講してよかったです。
 ありがとうございました。

☆ 今回の講座を受けてみて、最初に考えていたよりも内容が濃くて、
 とても面白かったです。FC学会(日本フェミニストカウンセリング学会)の
 基礎講座でフェミニズムの歴史を学んだときに理解できなかった事が、今回の
 講座を受けたことで再確認できました。
 ジェンダーについて学ぶたびに、今まで自分が生き辛いと思っていたのは、
 私個人の問題ではなく、社会のしくみとして、つくられてきたと気づき、
 目からうろこで、納得できる半面、ものすごい怒りを覚えたりします。
 しかし、気付くことによって、ジェンダー社会の中で「自分らしく」生きる
 ことがみえてくるように思います。


講座に参加して下さったみなさま、ありがとうございました。
次回のフェミニストカウンセリング講座は10月、テーマは「女性とお金」です。
ご案内はこちらです。
お申し込み、お待ちしています!

※以下に広告が出ることがありますが、自動機能によるものであり、ウィメンズカウンセリング京都とは無関係です。ご注意下さい。





 
by wck-news | 2010-09-13 00:00 | 講座受講者の声
※15周年イベント当日までこの記事がトップにきますが、最新の投稿記事は下にあります。9月・10月開講の講座案内もUPしてます。見て下さいね !!

★ウィメンズカウンセリング京都は、9月で15周年を迎えます★

WCK15周年記念シンポジウム
 隠されてきた「女性の貧困」
        ベーシックインカムは希望になるのか


近年、社会問題としてクローズアップされてきた「貧困問題」。  
しかし、労働市場から締め出されてきた女性は昔から貧困でした。
もし「DV」から逃れるために離婚して、働くシングルマザーになったら? 
平均年収は171万円です!
シンポジウムでは、「女性の貧困」の現実を知り、「女性のための反貧困運動」をつくるために反貧困運動の先駆者に学び、貧困問題の解決策のひとつ、「ベーシックインカム*」の希望や有効性について考えます。
*ベーシックインカムとは、政府が全国民に最低限度の生活を保障するための現金給付をおこなう政策のことです。

シンポジスト 寺田まりこ さん  しんぐるまざあず・ふぉーらむ・京都代表
          舟木 浩 さん  弁護士・反貧困ネットワーク京都事務局長
          山森 亮 さん  同志社大学経済学部教員

コーディネーター:井上摩耶子(ウィメンズカウンセリング京都)

日時:2010年9月12日(日)午後1時30分~4時30分

会場:ウィングス京都(京都市男女共同参画センター)2階イベントホール
地下鉄四条駅・阪急烏丸駅(20番出口)
または地下鉄烏丸御池駅(5番出口)下車 徒歩5分 
※駐車場はございません。公共交通機関をご利用ください。

f0068517_13415954.gif
















参加費:1500円  事前申し込みは必要ありません (定 員 200人)

保育:無料・要予約 ( 8月27日(金)までにご予約ください)

◆保育のご予約・お問い合わせ◆
ウィメンズカウンセリング京都
TEL 075-222-2133 FAX 075-222-1822
Mail info@w-c-k.org

主 催 ウィメンズカウンセリング京都
共 催 財団法人京都市女性協会

※以下の広告は自動機能によるものであり、ウィメンズカウンセリング京都とは無関係です。ご注意下さい。


by wck-news | 2010-09-12 00:00 | お知らせ(講座情報など)

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News