ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2013年9月27日 WCK公開講座
「性暴力と刑事司法―性暴力加害者の責任を問う!」

 2013年9月29日のシンポジウムでは、性暴力にかかわる刑事司法において、加害者の責任が追及されない現状を問うことをテーマに、「性暴力加害者捜査の問題点」を京都大学アジア研究教育ユニット研究員の牧野雅子さんから、そして「性暴力裁判の問題点」を、弁護士であり立命館大学法科大学院教員の吉田容子さんから話を聞いた。

■ 加害者捜査には重大な問題がある
 牧野さんは、日本の裁判では警察や検察の証拠が重視されること、警察が被害当事者に与える影響が非常に大きいことに着目し、「捜査において加害が適切に調べられ、裁かれているのか」という問いを立て、直接調査した連続強姦事件の捜査の問題点を述べた。それは、夜間一人歩きをしている見ず知らずの女性を狙う、凶器を使用するといった、「加害行為の悪質さが徹底して追及される」「被害者の『落ち度』等は問題にされる余地がない」はずの事件であり、調査は裁判傍聴、事件記録の閲覧、加害者に対する200回を超えるインタヴュー、犯人の日記の分析によって行われた。
 それによると、犯罪の立件においては非常に重要で、本人の語りによって導き出されるべき犯行動機が、性犯罪では「性欲を満たすための犯行」という前提の先取りがあり、それを立証するための証拠品だけを捜索、本人に性的欲求不満があったことを供述させる。取調官個人の性暴力観、ジェンダー観といった個人的な問題にとどまらず、捜査参考書に書かれている「性犯罪の動機は性欲」という考え、それに基づいた取調項目に従って組織的に供述調書が組み立てられていく。「供述調書は供述者が自由に語った記録ではない」のだ。牧野さんのインタヴュー相手は「あの衝動は性欲なんかじゃありませんよ」と語っていたという。
 「性欲本能説」を前提とした捜査では、その説に不都合な部分に悪質性があっても供述調書には書かれない。性犯罪の重大性、加害性の追求は不十分になる。「性欲」の発露にかかわったとして被害者に責任を負わせるのだ。「未遂」に終わった事件では、被害者の抵抗はなかったことにされ、加害者の「情け心」による自主的な中止、との供述調書が作成された。犯罪事実の供述を得ることが優先される取り調べでは、取調官が加害者(被疑者)に共感する、加害性を矮小化する手法が取られるが、それ自体問題視されないことも述べられた。その結果、裁判で加害者が思っていた以上の量刑が出た場合、その怒りが被害者や社会に向けられるリスクもあるという。そして、このような手法では、犯罪行為に及んだ本当の理由が全く明らかにされないために、再犯防止対策に支障が生じるのだ。こんな捜査自体がほとんど犯罪的ではないか!

■ 強姦罪をめぐる裁判の問題点
 次に吉田さんが、「暴行又は脅迫を用いて十三歳以上の女子を姦淫した者は、強姦の罪とし、三年以上の有期懲役に処する。(以下省略)」という刑法の強姦罪の定義を示し、そのどこにも記されていないにもかかわらず、裁判では事実上「(犯行を)著しく困難とする抵抗」がその要件になってしまっている実態を報告した。また、被害者が女性に限定されていること、対象行為が性器結合のみとしていることと併せて考えると、強姦罪は戦後、個人的法益(性的自由・自己決定権)の侵害とされているが、「貞操」が実質的な保護法益(女性には貞操を守る義務があり、強度の暴行脅迫に屈しない場合に保護をする)になっているという根本的な問題点について指摘があった。その考え方が、裁判において「性行為にはそもそもある程度の『有形力の行使』が伴う(但し、何が『通常伴うある程度の有形力』なのかの説明はない)。有形力の行使があっても、性的自由・性的自己決定権の侵害がなければ犯罪は成立しない」「合意でないなら抵抗するはずだ。しかも性的自由・性的自己決定権は重要だから、それを守るためには『死に物狂いで抵抗』するはずだ。そのような抵抗が困難なほどの強い暴行脅迫があるなら別だが」というに筋になっている。「合意に基づかない性行為における有形力の行使」か否かのメルクマールが、「相手方の抗拒を著しく困難ならしめる程度の暴行脅迫」だというのである。ものすごいジェンダーバイアスである。
 そして、客観的証拠がない場合が多く、最終的には加害者と被害者のどちらの供述内容の信用性が高いかで判断される事実認定の判断基準にも重大な問題がある。刑事裁判においては、「通常時」の「一般人(自由にYES、NOを言う自由を有する)」の経験則、つまり犯罪が起こっている渦中の当事者には当てはめられないはずの経験則が当てはめられているのである。吉田さんは、「法律家は性犯罪加害者や被害者の心理・行動についての専門家ではない」「性犯罪の認定には、社会学・心理学等の専門的知見、複数の専門家による帰納、従来の被害者像・加害者像の転換が必要だ」と強調した。

 コーディネーターの周藤は、ジェンダーの視点での性暴力被害者支援のネットワーク構築の必要性、フェミニストカウンセリング、フェミニストアドヴォケーターの役割、そして、性暴力被害者の心理的回復のために、加害者の責任を明確化すること、法的手段をどう考えるかについて問題提起した。刑事司法の現状はジェンダーバイアスに満ちている。大きな課題に直面したシンポジウムだった。
(小松 明子 WCKニュース第69号より転載)
by WCK-News | 2014-01-31 00:00 | WCK公開講座報告

ニュースレター第69号

WCKニュース第69号を発行しました!
今号の内容紹介です。

☆ CONTENTS ☆
■ 巻頭エッセイ:スタッフ
■ 寄稿:社会の性暴力認識を変えるために/牧野雅子
■ 特集:生きづらさを語り合おう~職場で生き延びるために~/S・Y
■ 報告:WCK公開講座「性暴力と刑事司法―性暴力加害者の責任を問う!」/小松明子
■ 連載:“ポスト”フェミニズム理論の迷宮を歩く(最終回)/大槻有紀子
■ WCK NOW:女子会&フェミ会@WCKになりました
■ インフォメーション:講座案内ほか

ご購読のお申し込み、お待ちしています!
※ニュースレターについてのご案内は、こちらをご覧下さい。

お申し込み・お問い合わせはウィメンズカウンセリング京都(WCK)まで。
TEL : 075-222-2133    FAX : 075-222-1822
E-mail: info@w-c-k.org  HP : http://www.w-c-k.org/
by WCK-News | 2014-01-24 22:00 | ニュースレター
2/25に開催される京都ダルク・京都マック主催のイベントを紹介します。




f0068517_21402817.jpg




上岡陽江さんとダルク女性ハウスの本です。


生きのびるための犯罪 (よりみちパン! セ) (よりみちパン!セ)

上岡陽江+ダルク女性ハウス / イースト・プレス




薬物やアルコールなどの<依存症>の女性たちの回復と社会的な自立を支援する施設を1991年以降仲間とともにやっているハルエさんと仲間たちの語りでできている。DV被害者支援をしている人や子育て支援の関係者に読んでほしい…ひろめたい。
あとがきには「ひっそりと、でも力強く生きのびているあなたに、少しでもこの本が役に立ちますように」と書かれている。とどけたい。
2012年11月スタッフおすすめ本より)
by WCK-News | 2014-01-24 00:00 | こんなイベントがあります!
3月にウィングス京都で不妊治療についての悩みをもつ女性のための講座が開催されます。
講師は産婦人科医の金共子さんです。
詳細は、ウィングス京都のHPでご確認下さい。

 ※金共子さんには以前、WCKの公開講座「わたしの身体と性の自己決定権 
  ~産婦人科医療とリプロダクティブ・ヘルス/ライツ」に来ていただきました。
  この公開講座の詳細についてはこちらをご覧ください。

*************************************

グループ相談会 「女の選択・不妊治療」

女性の人生の中で出会う、さまざまな選択。不妊治療もその一つ。「不妊治療を始めようか」「治療がつらい」「治療のやめ時をどう考えればいいの?」「私にとって、子どものいる人生・いない人生って?」 いま、そんな選択と向き合い、悩み、または迷っておられるあなたへ。
 グループ相談会では、同じ悩みをもつ者同士で集まってテーマを共有し、専門家のアドバイスを受けながら、ご一緒に解決の糸口を探ります。この講座で、不妊治療について語り合いながら、ご自身の思いとゆっくり向き合ってみませんか。

日 時:3月3日~3月17日 毎週月曜日 全3回 14:00~16:00
場 所:ウィングス京都 2F セミナー室B
講 師:金 共子 (産婦人科医)
対 象:不妊治療についての悩みを持つ女性(お子さんのおられない方)
    ・全回参加できる方
定 員:15名(多数抽選)
受講料:500円
保 育:なし

申込方法(下記のいずれかでお申込みください):
① HP掲載(またはチラシ裏面)の受講申込書で,メールかFAX。
② 「住所・氏名・年齢・職業・住所・電話・当落通知用のメールアドレスまたはFAX」「不妊治療について(している・していない・検討している・その他)」「応募動機」を明記のうえ、往復ハガキも可。

締 切: 2月17日(月)必着/応募者多数の場合は抽選。

お申込み・問い合わせ
 (公財)京都市男女共同参画推進協会 事業企画課
〒604-8147京都市中京区東洞院通六角下る御射山町262
京都市男女共同参画センターウィングス京都内
TEL (075)212-8013    FAX (075)212-7460
e-mail: jigyo@wings-kyoto.jp  URL: http://wings-kyoto.jp
by WCK-News | 2014-01-23 00:00 | こんなイベントがあります!
2月に実施される日本フェミニストカウンセリング学会の教育訓練講座をご紹介します。
開催地は東京です。

フェミニストカウンセリング
アドヴォケイト講座
 
基本的なアドヴォケイトの理念と技法を身につける

日時:2014年2/1(土)~2/2(日)

女性やマイノリティの“声”は、権力を持つ人々から歪められたり、無視されたりしています。
フェミニストカウンセリングの視点に立つアドヴォケイトとは、性差別社会のなかで歪められ、無視されてきた女性やマイノリティの“声”を代弁し、奪われてきた権利をともに取り戻していく活動です。
この活動は、一段高い位置に立って「弱い人」を助けるというようなものではありません。「あなたの直面する課題は私自身の課題でもある」という連帯感(シスターフッド)を基盤にしています。
フェミニストカウンセリング・アドヴォケイター資格が発足して3年、その実践から深まってきたアドヴォケイト理論をまとめながら、ふたたび実践に活かす講座がFCアドヴォケイト講座です。
2013年度は「知ってる? 社会的困難を抱える女性のための福祉~制度の現状と課題」と題して、講師をお招きして日本の女性福祉の現状を学びます。またシェルターでの支援と、性暴力被害者支援の実際をグループで話し合いながら、深めていきます。

下にチラシを貼りますが、ご関心のある方は日本フェミニストカウンセリング学会HP(http://nfc505.com/)でご確認下さい。
⇒講座の案内ページはこちらです。

f0068517_231572.jpg


チラシ裏面です。
f0068517_23735.jpg

by WCK-News | 2014-01-19 00:00 | こんなイベントがあります!
18時半から20時半までテーマを決めずに
交流しようという会です。

参加費は500円。

暖かい飲み物を用意しています。

ウィメンズカウンセリング京都ってどんなところだろう?

ジェンダーの視点での支援に関心がある。

以前、講座を受けたことがあるけれど、
久しぶりに行ってみようかな。

・・・など、どなたでもお気軽にご参加ください。
(ただし女性限定)

 056.gif                  056.gif

フェミ会&女子会のチラシです!(3月までの日程です)
f0068517_10512833.jpg

by WCK-News | 2014-01-18 16:16 | お知らせ(講座情報など)
2013年11月7日~12月5日実施の講座「自己主張トレーニング」に参加されたみなさんの感想をご紹介します(掲載の許可をいただいた方のものです)。

               
◆5週間ありがとうございました。一緒に講座を受講された方のワークがとても刺激的でした。また、自己主張がきちんとできないのは、自分の感情がわかっていない事にきづけました。これから意識付けをしていこうと思います。大きな第一歩をありがとうございました。ボチボチと無理せず、進んでいこうと思います。

◆・具体的に、ATの練習ができてよかった。(本でよむだけの知識ではなく、実例をあげて)
 ・他の人のロールプレイは、自分を振り返るよいチャンスだった。
 ・ I メッセージを使いこなせるように、日々、筋トレします。

◆ここへ来るのが楽しいです。自分のためにお金と時間を使えることが楽しい。
アサーティブにいろんなことが話できれば本当にいいだろうと思います。いろいろな場面で、どんな気持ちで、どんなことを伝えたかったのか、深く掘り下げると、本当の気持ちが自分で気づくことができて、みんなで話すことの大切さも感じました。ありがとうございました。

◆お疲れさまでした!(自分に)!
日常の中で、他の人との関わりの中で、改めて自分の気持ちを大切にして関わっていくことが、自分(自分と自分)にも相手(自分と相手)にも良い関係になるなぁと思いました。メンバーの各ロールプレイも、とても参考になりました。ありがとうございます!


次回の自己主張トレーニングは2月18日スタートです。
お申込み、お待ちしています!
by WCK-News | 2014-01-12 00:00 | 講座受講者の声
2013年12月実施の講座「怒りとつきあう」受講生の感想をお届けします!


◆感情を「感じる事」と「行動する事」を分ける。日々このトレーニングが必要だと思う。
今まで、怒るなんてはしたないと思っていたが、怒る事は自然な感情で、自分にとって重要なシグナルなんだという肯定的意図がわかりました。
怒りの後ろにある一時的感情をキャッチし、アイメッセージを上手く使えるようになりたい!時間がかかっても、筋力UPのトレーニングをしよう!

◆怒りの表現、捉え方、受けとり方は人それぞれ違うんだなと感じました。
怒る=気持ちが伝わるわけではないし、「伝わる」ための表現と自分の気持ちをそのまま表現することは異なることだと思いました。表情も含めて、相手にどのように伝わるかを考えながらコミュニケーションをとれたら理想的だと感じました。

◆「怒り」の処理の仕方が分からず、出し方も下手なことを常々実感していたので、この講座で時間をかけて整理方法を教えていただきとても有益でした。特に、怒りの「感情」に対しては否定も肯定もしない、「行動」と分けて考えるということは大きな発見でした。
あと、受講生の中にお手本(私はこんなふうに感情を表現したい)となる方がおられたので、少しでも自分なりに実践してみたいと思っています。短い期間でしたが、心の栄養になりました。

◆身近な人から「すぐに怒るな」と日常的に言われてきたので、怒ることは悪いと思うようになっていた。表情に出すことも含め、自分では抑えようとしてきたけど、結局できず、言われることへのストレスと反発で、何を言われても非難されているようにしか受けとめられなくなっていました。
この講座を受けて、怒りの感情を抱くことは普通のことであって、その伝え方を変えればいいと、改めて分かりました。また、自分だけじゃなく、同じように悩んでいる方もいると知って、気が楽になったのも確かです。
ただ、まだ私は自分の気持ちをうまく伝えられる自信はありません。相手との関係性の問題ですが、本音を言い合うまでには時間がかかりそうです。
受講して本当に良かったと思っています。

by WCK-News | 2014-01-06 00:00 | 講座受講者の声

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News