ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ
そこが知りたい!
セクシュアル・ハラスメント基礎講座


この4月から改正均等法が施行され、事業主に対して義務づけられる
セクシュアル・ハラスメント対策が強化されます。
 セクハラを防止し有効な対策がとられるためには、できるだけ多くの人が
セクハラに対する理解を深めることが不可欠です。
 この講座では、セクハラについて学びたい方を対象に様々なテーマを
取り上げます。
どなたでも気軽に参加してください。

講座の内容(予定)
5/19 改正均等法でセクハラ対策はどう変わるか?
6/2  セクハラの加害者はどんな人?
6/16 セクハラ被害の影響は?
6/30  さまざまなセクハラ事件から
7/7 相談を受けたらどうすればいいか?

日時■ 2007年5月19日 スタート 
第1・3土曜日 PM 2:00~4:00 全5回

会 場■ ウィメンズカウンセリング京都
講 師■ ウィメンズカウンセリング京都スタッフ
定 員■ 15名(最低成立人数は5名です)
     女性に限ります。
受講料■ 全5回分10,500円(消費税込)
※一度入金されたものは返金いたしません。

申込み■ 電話、FAX、Eメールでお申込み
ください。定員になり次第締め切ります
# by wck-news | 2007-04-20 22:26 | お知らせ(講座情報など)

4月8日に行った援助者向けワークショップ”ひとやすみして、セルフケア”に、15名の方が参加してくださいました。関西各地、遠くは名古屋から来てくれたみなさま、ありがとうございました。当日は、造幣局の桜の通り抜けが始まっていて、駅周辺は人だかり。クラクラしながらドーンセンターにたどりついて、栗岡さんのボディワークですっかり、からだをゆるめて幸せ気分で帰りました。

参加者のみなさまの感想です。

★ボディワークって初めはどんなのかなぁと思って参加しました。安心できる場所で無になっている自分が心地良かったです。日頃身体を動かしてやってない部分がこんなにたくさんあったんだと、改めて感じました。その部分、部分、全部大事な私だけのものなのに、ゾンザイにしていたんだなあと
思いました。

★ありがとうございました。体をほぐす気持ち良さを教えていただきました。これまで少し痛いことでストレッチをしていたように思います。(心も体も)自然の重力を使わせてもらって、無理なく伸ばす。自分中心に体をかわいがっていけば自分を大切にもしていけるのではないかと感じました。

★初めて受講しましたが、とても楽しく、リフレッシュできました。腰痛体操も自宅で気軽にできそうでよかったです。自分の(体の)声を聴くということは、とても、大切だと共感しました。

★そんなに激しい動きをすることはなく、頑張らないで、自分のからだにききながら、全身をほぐすことができました。「手のひら」を開いてから、必要なものをとり入れつつ、いらないものを捨てること…ふだんから意識してみようと思います。

★肩こりが少しほぐれて、軽くなりました。ストレッチを一生懸命やってましたが、”自分の体に聞く”っていうのが新鮮で、体の中からコリがほぐれていくのを実感しました。ありがとうございました。

★今日は、朝6時に起きて、家族の朝ごはん、昼ごはん、夜ごはんを用意して、心おきなく参加しようと意気ごみ名古屋からやってまいりました。初めて受けた講座ですが、とてもとても気持ちよくて今体がぽかぽかしています。日頃運動らしいことは何もしていない私には、ぴったりの体ほぐしでした。
先生、ありがとう。アロマの香りもとってもGOOD。家の押入れにたしかねていた香りがあり、また出してみようと思いました。

★朝日新聞で記事を拝読して興味を持って参加しました。穏やかな声を聴きながらのからだほぐしはとても気持ちがよかったです。最初は、これで?(…こんなわずかな動きで変わるのか?)と思っていたのが、途中で首をぐるりとまわしてつっかえがなくなっていることにびっくりしました。あまりの気持ちよさに、途中で睡魔がおそってきましたが、これも良し、なのでしょう。自分がゆるめば相手もゆるむ(ゆるむことができる)と信じて、家でも地道に続けていこうと思います。会場がもう少し広くて、空調がよければよかったかな?やや酸欠
気味だったかも知れません。どうもありがとうございました。

★自分の身体に意識をむける大切さを学べました。心地の良い時間をありがとうございました。

★とってもとっても気持ちよかったです!からだほぐしは2人ペアでやっているのですが(自分のからだを知るためにリラクゼーションで取り上げている)、1人でできるものはないかと最近よく聞かれます。今回、1人で、しかも立って体の重みを感じながらほぐしていくのはとっても新鮮でした。ふだんから奥歯をかみ
しめていて、首がこり、肩がこり、ハリ治療に通っているのですが、肩や腕を回すだけで、首がほぐれていくのを実感できました。どうもありがとうございました。

★自分の気持ちいい呼吸というのは難しく感じたけど、それは頭で考えているからだと思った。手のひらを各部分におきながら、そこに空気を入れていくことをしていくうちに、自然な呼吸ができるようになった。最初のうち冷たかった手足がだんだんあたたかくなって、知らないうちにリラックスしていた。普段頭で考えているけど、体中心に、パニックや過覚醒をコントロールすることの効果を実感、体験できてよかった。

★簡単なからだほぐし、呼吸法のように感じられるものでしたが、こんなに気持ちよくなるのかとびっくりしました。体に目を向けていくこと、自分を大事にしていくこと、同じだなと感じます。いろいろなものを組み合わせてプログラムされていると思います。是非、自分たちも取り入れていきたいと思いました。ありがとうございました。

★4月に入ってから、肩に力を入れがんばって走った1週間。桜も満開、気持ちのよい暖かい今日、自分の体をほぐせて、体も心もゆるゆるで気持ちよかったです。
# by WCK-News | 2007-04-09 00:00 | 講座受講者の声
■2007年冬期の自己主張トレーニングに参加された皆様の声をご紹介します。

★「アサーション」の本を2冊ほど読みましたが、やはり講座を受けて、実際にロールプレイをしたり、みんなと意見を言いあったり、一緒に考えたりすることで、自分自身にいっぱい気づくことがあり、勉強になったと感じています。
自己主張ができるようになりたいと思い参加しましたが、怒りに対応するとか、自分自身と向き合うことを学び、自分では「ただ落ち込んでいる」だけの状態と思っていたことが、そうではなく「本当は怒っていたんだ」という大事なことに気づかされました。そして、「自分だけが主張できない」とか、弱くてダメな人間だと悩んでいましたが、他にも私と同じような方がおられたことや、私よりも大変な状況にある人がおられることを目のあたりにし、少しショックもありました。とても勉強になり、ありがとうございました。

★8回のトレーニングで、みんなと心の深いところで会話することができて、今スッキリした気持ちです。自分のイメージをよりくっきり、少し力強いものに変えることができたように思います。ファシリテーターの方の場の作り方、進め方もすばらしかったです。参加者みんなの表情が回を追うごとに豊かに柔らかくなっていったように感じました。どうもありがとうございました。

★ここ(ウィメンズカウンセリング京都さん)に来て、心のもやもやや重たい気持ちがどんどん減ってきたのじゃないかと思いました。前よりも少し気楽になれて、自己主張できるようになったのじゃないかなと思います。自分の気持ちのコントロールの仕方を学びました。みんなそれぞれの悩みや苦しみを抱えてきて、打ち明けあったりでき、安心できる場だったと思います。

★あいまに風邪気味だったり自己管理が上手にできなくて、頭がもうろうとしながら受けてしまっていた回もありましたが、今は限られた狭い環境でいる自分ですが、新しい考え方などを聞いたり、自分で発見したりして、のちのち自分で無理なく実行して行けたらなと思いました。どうもありがとうございました。

★人前で話すこと、自分をほめたり認めたりすることが苦手でしたが、克服できるような気がしてきました。また対人関係において、今まで疑問に感じていたことや苦手としていたこと、私に不足していたことを見つける良いきっかけをいただきました。本当にありがとうございました。

次回のAT講座は、4月17日(火)スタートです。
ご参加、お待ちしています。
# by wck-news | 2007-04-05 16:25 | 講座受講者の声
ウィメンズカウンセリング京都主催
f0068517_13513899.jpg☆援助者向けセルフケア・ワークショップ☆

 ♪ ひとやすみしてセルフケア ♪ 

 援助の仕事や活動でちょっと息切れしているあなた、気がついたら奥歯をかみしめていて肩や首がこっているあなた、気持ちに余裕がなくなっているなぁと感じているあなた、そしてエネルギッシュで疲れ知らずのあなたも…このあたりでひと休みして、セルフケアの時間をつくってみませんか。

ボディワーカーとしてご活躍の栗岡多恵子さんと一緒に、体操でもストレッチでもない、アロマテラピーや気功・呼吸法などを取り入れた自然のままの“身体ほぐし”で、こころとからだをさわやかに、ゆったりと「大切なわたしのからだ」を確かめながら、自分を取り戻す時間を共有しましょう。

当日は、仕事や活動のあいまにできる即効性のあるリラクゼーション法や、仕事で出会う人に伝えることのできる呼吸法や体のゆるめ方など、援助者として役に立つスキルも教えていただきます。対人援助の仕事や活動をしている方の参加をお待ちしています。

日時:2007年4月8日(日)午後1:30~3:30
会場: ドーンセンター (大阪府立女性総合センター) 4階和室
   (大阪市中央区大手前1丁目3番49号 TEL06-6910-8500)
  *案内地図はこちら。
講師:栗岡多恵子さん(Brisaブリーザ主宰)
定員:20名 
参加費:3000円

■当日は動きやすい服装と水分補給のための飲料水を持参ください。
■お問い合わせ、お申込みは、ウィメンズカウンセリング京都まで。
TEL:075-222-2133  FAX:075-222-1822

★講師の栗岡多恵子さんの記事が朝日新聞の夕刊に掲載されました。ボディワークの様子も紹介されています。
WEBサイトで読めます! ぜひ、ご覧下さい。
★栗岡さんのブログはこちらです。
  ⇒http://voluntary.jp/brisa/
# by WCK-News | 2007-03-09 00:00 | お知らせ(講座情報など)

春の講座のご案内

春の講座の募集を開始しました。お申し込み、お待ちしています!


■自己主張トレーニング―アサーティブネス―

自分の自分の言いたいことがうまく言えない
相手がどう思うか気になってノーと言えない
攻撃的な言い方をしてしまう…そんな経験はありませんか? 

自分の気持ちや考えを大切にしながら、率直に相手に伝える具体的な方法を、
ロールプレイ(役割劇)を通して練習します。怒りの感情とのつきあい方や、対
立を解決するための方法についても考えていきます。自分も相手も尊重する
コミュニケーション、あなたらしいスタイルを見つけましょう。

  日 時: 4月17日~6月19日(全6回)  
        隔週火曜日(第1・3) AM:10:30~12:30
  参加費:12,800円(消費税込)
  定 員 :10名(最低成立人員5名)


■自分を好きになる講座―セルフ・エスティーム(自己尊重)― 

他人の要求に合わせすぎて自分を見失っていませんか?
自分のいやなところばかり見えて、うんざりしていませんか?
自分をかけがえのない、大切な私だと感じていますか?
日々の生活のなかで気づかないうちに抑えこんでしまった欲求や感情を
再発見しながら、自己尊重感と内なるパワーを取り戻しましょう。

☆プログラム☆
私のルール/こころの基本的権利/私と他者との境界
/わたしの感情/ジェンダーと自己尊重etc.

  日 時: 5月16日~6月20日(全6回)
       毎週水曜日 PM7:00~9:00
  参加費:12,800円(消費税込)
  定 員 :10名(最低成立人員5名)

★お問い合わせ、お申し込みはウィメンズカウンセリング京都(WCK)まで。
TEL:075-222-2133
FAX:075-222-1822
E-mail:info@w-c-k.org
# by wck-news | 2007-03-02 22:41 | お知らせ(講座情報など)
栗岡多恵子さんのボディワーク連続講座の2回目です。
ストレスをゆっくりと解消したい方、”身体ほぐし”を体験してみたい方、
ぜひご参加ください。参加は女性に限らせていただきます。

ウィメンズカウンセリング京都&Brisaブリーザ主催
“こころ”と“からだ”のリラクゼーション講座
~ボディワーク&アロマの香りでセルフケア~

講師:栗岡多恵子さん(Brisaブリーザ主宰)
エッセンシャルオイル(精油)の香りに包まれて、大切なわたしの”こころ”と”からだ”がリラックスするボディワークで、爽やかにストレスマネジメント。
アロマテラピーや気功・呼吸法などを取り入れた自然のままの“身体ほぐし”で、のんびりゆっくりと自分を取り戻す時間を紡いでみませんか。

第1回★3月12日(月)19:00~20:30★オリエンテーションとセルフケアアロマの香りに包まれて、“こころ”と“からだ”の緊張をゆるめていきながらボディワークによるストレスマネジメントの方法を学びます

第2回★3月26日(月)19:00~20:30★からだほぐし
日々の疲れやストレスでかたく重たくなった「大切なわたしのからだ」を確かめながら、各部分ごとに、ゆっくりした動きで丁寧にほぐします

第3回★4月9日(月)19:00~20:30★呼吸法とリラクゼーション
腹式呼吸で、「いま、ここにいる私」のからだの中心から呼吸して、こころとからだを浄化していきます

第4回★4月23日(月)19:00~20:30★きれいな姿勢でからだを目覚めさせる
きれいな姿勢を保ちながら、骨格を調整して、気分を上向きにリフレッシュさせます

第5回★5月7日(月)19:00~20:30★リラクゼーションのためのボディワーク 総まとめ(基礎編)
第1回からのからだほぐし・呼吸法・姿勢・骨格調整などを組み合わせて、自然で「ありのままのわたし」がゆったりとリラックスできる自分中心のボディワークの時を紡ぎます

■場所:こどもみらい館(京都市子育て支援総合センター)2階 和室
     京都市中京区間之町通竹屋町下る楠町601-1)
     TEL075-254-5001
■参加費 全5回10,000円
■当日は動きやすい服装と水分補給のための飲料水を持参ください。

申し込み・お問い合わせは…:http://www.w-c-k.org/index.htm
# by WCK-News | 2007-01-31 00:00 | お知らせ(講座情報など)

WCKニュース第41号

ニュースレター第41号 を発行しました。
ご購読いただいている皆様、お手元に届くまで、もうしばらくお待ち下さい。

★☆★WCKニュース第41号の内容です★☆★
■巻頭エッセイ/スタッフ
■寄稿:「セクシャルハラスメント訴訟を経験して」
■特集:「改正男女雇用機会均等法でセクハラ対策はどう変わるのか?」/周藤由美子
■イベント報告:「『暴力はいや!』~思いがつながりエネルギーを生む」
          ※パープルリボンプロジェクト・キルト展のご報告をいただきました。
■連載:“ポスト”フェミニズム理論の迷宮を歩く⑫
     「ホモソーシャルな欲望」理論~男同士の絆からジェンダーを考える/大槻有紀子
■ウィメンズカウンセリング京都・イベント報告
■インフォメーション:フェミニストカウンセリング講座/AT・SETほか

ご購読のお申し込み、お待ちしています!
ニュースレターについてのご案内はこちらをご覧下さい。
# by wck-news | 2007-01-21 22:00 | ニュースレター
『サバイバーと心の回復力~逆境を乗り越えるための七つのリジリアンス』を読む

レジリエンス(resilience)と言う言葉が、最近多く聞かれるようになりました。危機や逆境の中でもしなやかに生きていく弾力性、立ち直る能力のことです。

『サバイバーと心の回復力―逆境を乗り越えるための七つのリジリアンス』(スティーヴン・J・ウォーリン他著、金剛出版)は、弱さやダメージだけでなく、それにもかかわらずもっている個人の強さや力に目を向けることを知らせてくれます。日常生活の中で自分自身のうちにある力を見つめ直すために、ともにこの本を読みすすめていきませんか。


日時■ 2007年1月31日 スタート 
毎週水曜日 PM 7:00~9:00 全8回
(3月7日、21日は休みです)
会 場■ ウィメンズカウンセリング京都
講 師■ ウィメンズカウンセリング京都スタッフ
定 員■ 15名(最低成立人数は5名です)
受講料■ 全8回分16,800円(消費税込)
※一度入金されたものは返金いたしません。

申込み■ 電話、FAX、Eメールでお申込みください。
       定員になり次第締め切ります。
# by wck-news | 2006-12-20 13:49 | お知らせ(講座情報など)
★セクシュアル・ハラスメントとの闘いを時系列で、また米との比較で学習できてよかった。学習した以外にも多くの女性たちが孤軍奮闘してきて現在の法制度の整備に結実してきたんやなあと思います。セクハラと闘ってきた女性の葛藤や、支援グループのあり方、判例や法制度の整備にどう生かされてきたのかを整理していければいいですね。後、強姦事件とかストーカー事件の判例もリンクできればええなあ。

★どうもありがとうございました。被害者の方に日ごろ接していても、こと裁判に関しては実態をとらえることが難しかったです。今回イメージをしっかりもつことができたのでとてもよかったです。みなさん熱心に参加されていて、レベルの高い講座だったと思います。

★今回の講座では、特に本人によって書かれた本が出ている事例を題材に取り上げたので、事件や裁判の経過だけではなく、心の動きや周りの人々との関係などもよくわかり理解できた。でも、それだけに当事者ひとりひとりの悔しさやしんどさがより伝わり、とても読んでいてつらい箇所もありました。

★それぞれの事例について詳しく掘り下げてお話をきく機会を持ててとてもよかったです。特に被害者と支援者や弁護団との関係をお聞きできてよかったです。社会やメディアの世界での女性に対する性差別はまだまだひどいものがありますが、皆で声をあげて少しずつでもかいぜんできたらと思います。

★毎回セクハラの事例、具体的なエピソードをきくたびに、ものすごい憤りと悔しい気持ちが体の中にふつふつと湧き上がってきて、体力を使いました。他人事とは思えない、いつも自分が被害者になるかも知れないというプレッシャーを受けながら生活していくのはしんどいことです。それに負けないようにこれからも学び続け、女性たちとのネットワークをつくりつづけるしかないのだと改めて感じました。

★丁寧な説明と解釈を聞き、非常に勉強になりました。社会が変わる動きをつくる一人の女性の大きな力を学びましたが、そのとてつもなく尽大な労力に心が重くなることも事実です。ありがとうございました。

★講座のテーマがノンフィクションで真実性に緊張があった。被害者の多大な被害を矮小化する世論があり、女性の尊厳を守り、尊厳を戦いとるプロセスのセクハラ裁判の重要性がある。裁判の実績が今後の未熟な法律を改正し、女性の尊厳を社会に問い、定着化の役目を果たす。被害女性の苦しみと怒りは計り知れないものがある。
裁判期間中・裁判にかかる事例外においても女性が自己信頼や自尊感情を取り戻すプロセスにおいてフェミニスト・カウンセラーの関わりと仕事内容の果たす役割は大きい。その仕事と仕事ぶりに尊敬を持っています。
# by wck-news | 2006-12-18 12:48 | 講座受講者の声
WCKイベント報告
「リラクゼーションのためのボディワーク」参加者の声

栗岡多恵子さん主宰のBrisaブリーザ&ウィメンズカウンセリング京都主催の講座「リラクゼーションのためのボディワーク」が終了しました。

気持ちよくからだを動かすことが生活の一部になると、呼吸が深くなってよく眠れるようになります。眠りはパワーのみなもとです。”いまここで”のわたしの感覚に耳をすませる時間は貴重なものです。「春まで冬眠したい~」とからだが言っとりますが…(^ ^)できたらしてあげたいものです(笑)

栗岡さんのボディワークを、まさに「そよかぜのよう」と評した人がいました。
ここちいいですよ~。
2007年も開催予定。お楽しみに!(warashi)

【参加者の声】

★最初はどんな事をするのかなと少し緊張して行きましたが、部屋に入ったらフワッとアロマのいい香りがして、先生がとても気さくですぐに楽な気分になりました。そしてヒーリングの音楽が流れてゆっくり体ほぐしや呼吸法や背骨を伸ばす姿勢を教えてもらって、無理をしていないのに手足までポカポカ温まりました。
そして今まで何十年間も自分の体のことを、もっと丈夫だったらいいのにとか、いろいろ不満があったけれど、先生の声を聴きながら又体の声を聴きながら体をほぐしていくと、自然と自分の体に「今までこきつかってごめんね。いつも支えてくれてありがとう。もっと大切にするね」という感謝の気持ちが湧いてきました。
そして時間と共に他の参加者の人達とそんなに話をする訳でもないのに一体感を感じて、身も心も今まで感じたことのない、自分の体重の重みも忘れるくらいフワーと何かに包まれて浮いているような最高のリラックスした気分を感じました。子宮の中ってこんな感じだったのかなと思いました。
参加して本当に良かったです。

★自分を大切にする時間をつくるということや、自分自身をリラックスさせる方法を教えてもらった様に思います。講座から帰った夜は本当に気持ちよく眠れました。家でもそういう時間を持てる様になりたい。
と、なんて思い通りに動かない私の身体(からだ)よ、と思いました。面白かった。

★ボディワークの講座は、毎回体の位置の確認からはじまります。”自分の両膝の上に自分の骨盤があって、その骨盤の上に自分の両肩があって…”と自ら確認するたびに、アララ…ズレてるわ…「私の骨盤は今どこに?」これからはふと気づいたとき、私の大事な骨盤に耳をすましてみることに
します。

★夏が終わってから体が本調子ではなく、重くだるい状態が続いていました。ストレスで肩こりも悪化気味でした。2週間に1度の講座で体をほぐすと、その日の夜は体がほっこり軽くなりました。
講座中もあまりに気持ちよくて、緊張感が抜けていくかんじがとてもよかったです。

★体に聞いてあげることの心地よさを知りました。生きてきて良かった。
今回のお出会いありがとう。
# by WCK-News | 2006-12-12 00:00 | 講座受講者の声

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News