人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

「問題を解決しよう」受講生の声

本格的に寒い日が続きますね。
そろそろお正月ムードは終わりにして、背景をもとに戻しました。
またそのうち、華やかなのに変えますね。056.gif


★12月実施の講座“わたし”とつきあう、人とかかわる技術(スキル)
-Part③―「問題解決をしよう」
を受講された方々のご感想を紹介します!


●まず1回目の時に気づいたのが、人から何か自分が思うことと違うことを言われたときに、勝手に一人で傷ついたりむかついたりしていたことです。
 そのことに気づいてから、あの人は何でそういうことを言ったのだろうとか、あの人はああいう立場だからそう言ったのかな?と考えることで、人との距離が取れるようになり、無駄に傷ついたりむかついたりすることが減りました。聞けるときには「さっきあんなふうに言ったのは何でかな?」聞くことで、相手の感情を確認することができるようになりました。そしてその後自分の思いを伝えることも少しですが、出来るようになりました。

●今まで話し合いのテーブルに自分がついていないことに気づきました。問題解決まで行くには道のりは遠そうですが、少しずつやってみたいと思います。

●(問題解決にむけての)交渉はむずかしいと思います。感情的にならない練習が必要だと思います。この人とは交渉したくないと思うような人もいると思います。ワークはよかったです。実践するためには、もっと回数が必要だと思います。

●最初に、「対立する」ということは悪いことじゃないというのを聞いて、今後人と意見が対立したときにも前向きに対応できるような気がしてきました。今までは、問題を解決することばかりを考えていましたが、問題を通して自分の気持ちを相手に言う、相手の意見を聞くことも大切なんだなあと改めて思いました。

●何回かの講座に参加して、自分の一番の課題は「アサーション」にあるのではないかと思い、参加し始めたのですが、この「問題解決をしよう」の講座まで参加して、理解できたような気持ちになっています。

●私はよくいじめられる側になってしまうことが嫌で、自分を変えようと思っていましたが、自分が一番苦手だった「対立」から逃げたり避けたりして、なるべく争いごとからは逃げようという面があることに気づき、もしかしたらその性格自体が相手から攻撃されてしまうきっかけを作ってしまっていたのかもしれないことに気づきました。対立は決して悪いことではなく、「自分が解決したい」と歩み寄る気持ちを持っていたら、変わっていける気がしました。

●交渉は日常の場面でわりとしょっちゅう行っているので、それなりに慣れているかと思いましたが、自分の思い込みがかなりあることに気づきました。「言葉にしてやる気をアピール」「状況を確認して言葉にする」は、すごく大切だと思ったので、日常で使っていきたいと思います。

●講座で、自分は思いつかないことを提案されるのが好きなんだということにも気づきました。今回もいろいろ気づきました。ありがとうございます。

●相手に自分の言い分を伝えようとすることが先走って、「提案」が押し付けがましくなることが自分にはあります。結果、交渉は成立しないため、今後は相手の気持ちを確認し、共感できるような話の聞き取り方をしていければと思いました。ただ感情的になり、確認が詰問にならないように、相手を理解しようという姿勢を保つにはどうすればよいのかもう少し考える余地が自分に必要だと思いました。

●自分の気持ちを整理してみることも、大切な技術(スキル)だと思いました。ありがとうございました。

ご感想をお寄せいただいた皆さま、どうもありがとうございました。
by wck-news | 2009-01-15 00:00 | 講座受講者の声

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News