人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

講座「批判に対処しよう」 受講生の声

2~3月の講座「批判に対処しよう」が終了しました。
受講された皆様のご感想を紹介させていただきます。

☆ 批判をされる事は、とてもコワイ事でした。でも講座に出て、批判とはひとつの違った意見なんだ!!と知りました。心が軽くなりました。
アサーティブする権利等を含む、「私の境界」や「心の基本的権利」も、この講座で扱ってもらったので、とてもよかったです。知っていたのですが、また改めて深く安心しました。
ありがとうございました。

☆ 参加して良かったと思いました。自分が今までに言われてひっかかっていたことや、思い出しては泣いていたような出来事について、理解できたというのか、思い出しても感情が大きく揺れなくなったというのか、楽になりました。また、自分が言ってきたことについて反省もあれば、次はこのように言ってみようと前向きになれたことも良かった点の1つです。
これからの生活に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

☆ 標題に「人とかかわる技術(スキル)」とあったのが、とてもしっくりきました。
批判というものを理解して、使い、扱うことができれば、何も怖いものがないように感じます。
受けるときも、自分が言うときも「感情」の扱いに困らされてきたけど、あって当り前、ズレてて当り前、表に出しても当り前で、いつどこで、どのように、どれくらいというのも自分で決めていいとなると、今回これを勉強できて本当によかったと思います。ありがとうございます。あとは勇気をもって実行あるのみ!!です。

☆「怒りとつきあう」の講座に引き続いて、受講しました。
「怒り」の感情と、この「批判」については、自分にとってスゴイむずかしい課題だったので、受講して正解でした。理論で理解しているつもりでも、ロールプレイをやってみて、思いのほか飛び出した自分の感情にびっくりもしたし、それを出せる場を講師を含め受講生の皆さんに保証してもらっていた事にも気付きました。あとは少しづつ、焦らず実践を積んで行きたいと思います。

☆「批判について学ぶ」というチャンスがあるという部分に、興味を覚えて参加しました。
講座のなかで、「批判を分類する」というワークをやってみるなかで、批判をストレートに受け止めるのではなく、ちょっと離した視点で吟味をしてみることで、心理的ダメージも少なくなると思いました。日常の場面で、人格に対する批判をされる経験もあり、その時に心のダメージが強くてショックを受けることも多くありますが、「分類」することで批判を受け止めやすくなるように思いました。


ご協力いただいたみなさま、ありがとうございました。

  
by WCK-News | 2012-03-20 00:00 | 講座受講者の声

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News