人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

『心の音』(10)~知花さんのエッセイ

孤独色

向こうにはどんな世界が広がってるんだろう…。分からない。分からない。ワカラナイ…。

世界の色は、孤独色。わたしの色は、ただただ孤独を感じさせて…。
孤独を抱く女は、いまでたっても孤独だ。依然と、あるがままを見ることができず、小さな世界に在り続ける。この世で最も悲しい存在だ。なにが彼女をそうさせたのか。運命ですら彼女を拒んだ。彼女が愛するモノは、枯れ、腐り、そして朽ちる。片隅にひっそり咲く存在感の薄めな薔薇を手に取っても、それはすぐに見慣れた色へと変わる。

ほら…ね?
一寸と保たず褪せていくんだ…。渋い色に変わる原型崩れる浅はかな薔薇。
殊勝なわたしは重なるこの苦しい現実に耐えられぬ。不動の痛みを生む棘ですら彼女との接触を頑なに拒んだ。


「嘘吐き」
結局彼女は変われなかった。その悲しい色に彩られた闇を受け入れることができなかったのだ。

「わたしの声は、届かない」
真実はいつだって届かないもので、それが世間での唯一の真実。
「ほら…孤独の色が見える。あなたもわたしと同じなの? 聞こえるよ。誰に盗られてしまったの? …逃げないで。…ねぇ。その薔薇、綺麗な朱色ね。どうしてそんな風に保ってられるの? 羨ましい。狂おしい。…もうすぐあなたも堕ちるはず。絶望の果てに訪れる悲しき血色の最期のように。この手に握る薔薇のように。儚い夢が、じきに醒める。…さよなら。私達、きっとまた会えるわね」
…絶望に堕ちた者同士。私達は歪んだだ同志。否定され続けた悪しき魂。それは、いつでも惹かれ合うから。いつの時代でも。


…孤独色って知ってる? この世の真実。世界を赤黒く染める、切なく侘(わび)しい世界で一番拒まれる色なのよ。
そこは、終わりの世界。すべてに嫌われ、拒まれた人々が集う場所。終わりを迎えた人々が集まる場所。されど、その場所が終わることは絶対に有り得ない…。

THE END.
by WCK-News | 2012-04-29 00:02 | 知花さんのエッセイ『心の音』

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News