人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

『心の音』(12)~知花さんのエッセイ

妄想世界

名誉も栄光も経歴も過去も全部取っ払って、丸裸のわたし。こんなわたしになんの価値があると言うのですか?  どうしてあなたはそんなにわたしに優しくしてくれるのですか?  暖かさを知らないわたしは過剰に怯えてばかり。泣いて泣いて傷付けて泣いて、ああ終わらない。なんて嘆かわしい。

今 わたしにはなにもない。開いた手の平からサラサラこぼれ落ちてく真っ白い砂は、まるでそれを象徴しているかのようで…。


叶わないから 現実だから 不可能な世界 すべて嘘だから…
やだ そんな言葉でわたしを突き落とさないで。夢を見させて。今が春じゃないのなら、青い春でないのなら、私達はいつ思い描けばいいのですか?  幼き日に刻んだ夢を、誰に向かって語ることができるのですか…?


もしも未来が変えられるなら。定められた運命でなく 『わたし』を生きられるのなら。

たとえば明日世界が終わったら。仮にあの子になれるのなら。もしかわたしが死ぬのなら…

有り得ないようなことばかり妄想する世界。変わらない。終わらない。妄想世界は続いてく。
いずれわたしがいなくなっても生き絶えても、同じ思想の子孫が必ず現れる。せめて彼女達だけは笑ってられますように。絶望世界に打ちひしがれ、わたしのように自ら死を選ぶようなことだけは避けられますように。


どうか…誰か いつか幸せになれ。


さらさらさら…砂が手の平から流れてく。止まる気配もなくこぼれてく。その中にいるやもしれぬ後世の『わたし』に伝えます。

苦しみばかりのこの世界に いずれ打ち勝てと。戦え。血を流して奪い取れ。涙流して失えと。わたしは信じている。負けない。負けられない。譲れないものがあるから、絶対に強くなる。彼らは生き抜いてみせる!!


ああ これが地獄の妄想世界。
ひらひらはらはら 花びら蝶が舞うように。永続します 絶望世界。次々生まれ来る哀れな子供達。誰かがこの世界を終わらせてくれないかしら?  爆弾でも薬品でも…なんでもいい、今すぐ滅びろ。死んでくれ。


もう繰り返したくはない。この餓鬼達を。わたしはりんね。巡り苦しむ人々を輪に乗せ再びその世界へ送り込む地獄の番人。
いつまで続くのかなぁ こんな人生。未だ償えぬ過去に犯した深き大罪。これは本当に厳しい罰だ。早くわたしを殺して下さい。誰か幸せ掴んで下さい。この世界で笑顔を 永遠の花を咲かせてみせて…。


ふ…あはははは!
もう 死にたいよ…。

死んだはず 終わったはずの地獄の番人は、今尚崩壊した心を痛めながらわたし達をここに送り出している。彼女の意志に報いるためにも。今のわたし達にはなにができる?  What can we do now...?


バイバイ…


そうとは知らず、一人の少女が再びりんねと成り果てる。りんねの犯した大罪。自殺という許され難い行為は日々行われ、地獄の番人は消えることなく続いてく。
涙すら流せぬその世界で りんねはなにを願うのか…。


せめてわたし達だけは幸せに。笑顔でいようと思うのです。きっとそれが、数百数千年前の彼女が望んだささやかな願い。
分かるよね? 今のわたし達も、ただそれだけを求めて欲しているのだから。


『幸せに なりたかったよ…
誰か 幸せになって…』
今日も世界は終わらない。誰か聞こえるだろうか。彼女達の悲しみの嘆きと懺悔の声が。もし聞こえたのなら、天に向かって目一杯微笑んであげて下さい。そして、心からこの言葉を叫んで下さい。

『わたしは 幸せだよ!』
少なからず、あなたのその声に救われる魂があるのです。かく言う私もその世界から生まれ出て来ました。きっとどこかの誰かに救われた…。
そうやってこの地獄も少しずつ幸せを育んでいっているのです。小さき花にも実は実る。漆黒 暗黒の世界にも一筋の光。生まれてきてくれて ありがとう。


今やっと そう言うことができました。



THE END.
by WCK-News | 2012-04-29 21:05 | 知花さんのエッセイ『心の音』

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News