人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

2006 リラクゼーションのためのボディワーク

リラクゼーションのためのボディワーク

講師:栗岡多恵子さん(Brisaブリーザ主宰)
日時:2006年7月6日(金) 午後6:00~8:30
場所:京都市子育て総合支援センター(こどもみらい館)

もとタカラジェンヌで現在ボディワーカーとして活躍中の栗岡多恵子さんを講師としてお招きし、「リラクゼーションのためのボディワーク」を行いました。

栗岡さんは、ウィメンズカウンセリング京都の「フェミニストカウンセリングを実践する講座」修了生。前々からボディワークってどんなことをするんだろう?と気になっていたウィメンズカウンセリング京都のスタッフや実践する講座の修了生仲間など10名が参加しました。

最初、どんなことをするんだろうと少し緊張ぎみだった雰囲気は、今回のメンバーのために栗岡さんが組んでくれたというプログラムにしたがって身体を動かしていくうち、ゆったりとほぐれ、心地よい空間になっていきました。

参加者の感想をご紹介します。

                        ☆ ☆ ☆

六月のある朝、駅までの道を歩いていた私は、つんのめって倒れて右肩を殴打してしまった。痛くて、こっぱずかしくて、服は汚れるし、なんともいえぬ一日の始まりだった。
思い当たるのは靴の履き具合の心地悪さくらいか。
毎日通い慣れた道なのに、なんでー!?やっぱ、いきつくところは寄る年波なのか。
が、そんな悠長に「原因究明」にふけっている場合ではなかった。時間と共に右腕があがらなくなってきていたのだった。が、がーん。さっそく行きつけの鍼灸院に飛び込んだ。

身体のリラックスやバランスって大事なんだと思う。
実は当初、リラクゼーションのためのボディワークに誘われたときは、そんなにも大事とは感じていなかった。
でも、何もない歩道でつんのめって腕が上がらなくなった衝撃は私自身の「ボディワーク参加の意義」を深めたのである。

インストラクターの栗岡多恵子さんは「安心感」をキーワードに香りと音をコーディネイト、そして、にっこり笑いながら言葉でも「痛いことはしない、無理はしない」と私の緊張をほぐしてくれた。
「大地から順に上っていって宙(そら)を感じながら自分の身体を取り戻していく」感覚は発見だった。ただ、そのあとのプログラムは気持ちよかったということだけで、もはや記憶にない。(ごめんなさい、栗岡さん!)。
体が硬くてどんくさい私は、かっこいい栗岡さんの所作をみてるだけでも嬉しくなる。
とてもゆったりした時間を過ごせた。いいよね、こんな時間の流れ。
せめて半年に一回くらいはボディワークしたいと思う。(P) 
         
                        ☆ ☆ ☆

私も細かいプログラムは覚えていないのですが、からだがゆるんでくるにつれて、途中、すご~く眠たくなった記憶が・・・。そして終わったあとのすがすがしさ!

「大切な大切な私の膝小僧・・・」「大切な大切な私の肘(ひじ)・・・」っていう栗岡さんの言葉が印象的でした。
自分の身体と向きあいながら、自分の身体を愛しみながら、みんなと一緒にボディワークをするっていいですね~。からだの自己尊重トレーニングって感じがしました。

講師の栗岡さん、素敵な時間をどうもありがとうございました。
参加してくださったみなさま、よろしければ、コメントを入れて下さいませ。

また、第2弾を企画しますので、みなさま、乞う、ご期待!!
by WCK-News | 2006-08-12 00:00 | 講座受講者の声

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News