人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

「怒りとつきあう」講座受講生の声

2013年12月実施の講座「怒りとつきあう」受講生の感想をお届けします!


◆感情を「感じる事」と「行動する事」を分ける。日々このトレーニングが必要だと思う。
今まで、怒るなんてはしたないと思っていたが、怒る事は自然な感情で、自分にとって重要なシグナルなんだという肯定的意図がわかりました。
怒りの後ろにある一時的感情をキャッチし、アイメッセージを上手く使えるようになりたい!時間がかかっても、筋力UPのトレーニングをしよう!

◆怒りの表現、捉え方、受けとり方は人それぞれ違うんだなと感じました。
怒る=気持ちが伝わるわけではないし、「伝わる」ための表現と自分の気持ちをそのまま表現することは異なることだと思いました。表情も含めて、相手にどのように伝わるかを考えながらコミュニケーションをとれたら理想的だと感じました。

◆「怒り」の処理の仕方が分からず、出し方も下手なことを常々実感していたので、この講座で時間をかけて整理方法を教えていただきとても有益でした。特に、怒りの「感情」に対しては否定も肯定もしない、「行動」と分けて考えるということは大きな発見でした。
あと、受講生の中にお手本(私はこんなふうに感情を表現したい)となる方がおられたので、少しでも自分なりに実践してみたいと思っています。短い期間でしたが、心の栄養になりました。

◆身近な人から「すぐに怒るな」と日常的に言われてきたので、怒ることは悪いと思うようになっていた。表情に出すことも含め、自分では抑えようとしてきたけど、結局できず、言われることへのストレスと反発で、何を言われても非難されているようにしか受けとめられなくなっていました。
この講座を受けて、怒りの感情を抱くことは普通のことであって、その伝え方を変えればいいと、改めて分かりました。また、自分だけじゃなく、同じように悩んでいる方もいると知って、気が楽になったのも確かです。
ただ、まだ私は自分の気持ちをうまく伝えられる自信はありません。相手との関係性の問題ですが、本音を言い合うまでには時間がかかりそうです。
受講して本当に良かったと思っています。

by WCK-News | 2014-01-06 00:00 | 講座受講者の声

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News