ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

11月22日は断酒記念日!

 2006年11月22日は、わが松下さんの断酒30周年記念日だった。私たちは11月19日のスタッフ・ミーティングの後、断酒30周年を祝うパーティへとくり出した。
 断酒20周年記念日は、1996年、ウィメンズカウンセリング京都を開設して2年目だった。ウィメンズカウンセリング京都の事務所で大きなケーキをほおばり、クラッカーなど鳴らしたことを覚えている。
 2005年には、松下さんが語り、井上が書いた『ともにつくる物語ーアルコール依存症回復女性とフェミニストカウンセラーとの対話』を出版した。松下さんが男性中心的な断酒会からフェミニストカウンセリングにたどりついた道筋は、私が男性中心の臨床心理からフェミニストカウンセリングにたどりついた道筋に似ていた。
 松下さんは、「のちのち結局私が堕落したわけです。精神的にはね。世間に迎合する、男の人たちのご機嫌をとるほうにね」と言い、さらに「人の処世術を覚えていったというかな。そういうところが鼻持ちならないですね。今考えるとね。いろんな差別感とか不公平さには気がついていながら、そのへんは引っ込めてしまっていったなっていうことはね、残念に思いますけど。その先生(川上宗薫、作家、松下さんの高校時代の恩師)にはね、いろいろなものの見方とか学んだのに、途中でずっと負けていっているんですよ。世の中にね。闘わないほうを選んでいってね。しまったなと」と語った。
 この松下さんの言葉に、私はこれ以上ないほどに共感した。昨夜、遅まきながらシャーリーズ・セロン主演『スタンドアップ』を観て、松下さんの言葉を思い出した。全米初のセクシャル・ハラスメント勝訴の物語だったが、闘う側を選び、そこに立ち続けることはほんとうに困難なことである。この主人公ジョージー・エイムズは、高校時代の教師からの強姦被害者、結婚してDV被害者、就職してセクハラ被害者である。フェミニストカウンセラーをしていると、こういうことが次々とひとりの女性の身の上に起こりうると十分に納得できる。
 
 話が横道に逸れてしまったが、松下さん断酒30周年記念パーティの後、松下さんから送られてきたメールを紹介しよう。

30年前の今日は、日曜日でした。
前日までの、飲酒疲れで、へとへとになっていましたが、
心の中に、くすぶっている罪悪感、悔恨、焦燥感などなどの
惨めな思いに打ちのめされていました。
この感覚は、毎回、毎回、長年繰り返し襲われたアルコールが、
途切れた時の感覚でした。

そんな感覚から、逃れるために、しぶしぶ、夫の手前(?)、友達が
図書館から、見つけて来てくれた『アルコール中毒と治療』の付録にある
断酒会の住所録を頼りに、近くの支部へ電話しましたが、その日は連絡がつかず、
肩透かし・・・。

翌1976年11月22日に自助グループ断酒会につながり、私の断酒の闘いが
始まりました・・・。

あれから30年、私は、人との出会いに支えられて、本日があります。
前半は心身の生き残りのための闘い、基礎訓練の時間でした。

そして、後半の15年は井上さんをはじめWCKスタッフとの出会いと縁が、
私の目を開き、新しい意識の自覚へと導いてくれたと思っています。

それだけではありません。その間、私はみなさんとの開放的な交流の中で、
暖かい潤いに満たされているのです。

ぶちゃけていえば、会食も楽しいし、カラオケで弾けるのも楽しい!
お泊りで、夜更けまでみんなとしたお喋りも楽しかったァ!
時間が許すいっぱいいっぱい付き合ってくれてありがとう!

素晴らしい私の「断酒30周年」でした。

松下美江子

 松下さんも、私たちも、また断酒40周年への道をともの歩みはじめたところでアル!
                                                  (M・I)

 
 
[PR]
by WCK-News | 2006-12-10 10:07 | その他

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News