ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

2006年 12月 18日 ( 1 )

★セクシュアル・ハラスメントとの闘いを時系列で、また米との比較で学習できてよかった。学習した以外にも多くの女性たちが孤軍奮闘してきて現在の法制度の整備に結実してきたんやなあと思います。セクハラと闘ってきた女性の葛藤や、支援グループのあり方、判例や法制度の整備にどう生かされてきたのかを整理していければいいですね。後、強姦事件とかストーカー事件の判例もリンクできればええなあ。

★どうもありがとうございました。被害者の方に日ごろ接していても、こと裁判に関しては実態をとらえることが難しかったです。今回イメージをしっかりもつことができたのでとてもよかったです。みなさん熱心に参加されていて、レベルの高い講座だったと思います。

★今回の講座では、特に本人によって書かれた本が出ている事例を題材に取り上げたので、事件や裁判の経過だけではなく、心の動きや周りの人々との関係などもよくわかり理解できた。でも、それだけに当事者ひとりひとりの悔しさやしんどさがより伝わり、とても読んでいてつらい箇所もありました。

★それぞれの事例について詳しく掘り下げてお話をきく機会を持ててとてもよかったです。特に被害者と支援者や弁護団との関係をお聞きできてよかったです。社会やメディアの世界での女性に対する性差別はまだまだひどいものがありますが、皆で声をあげて少しずつでもかいぜんできたらと思います。

★毎回セクハラの事例、具体的なエピソードをきくたびに、ものすごい憤りと悔しい気持ちが体の中にふつふつと湧き上がってきて、体力を使いました。他人事とは思えない、いつも自分が被害者になるかも知れないというプレッシャーを受けながら生活していくのはしんどいことです。それに負けないようにこれからも学び続け、女性たちとのネットワークをつくりつづけるしかないのだと改めて感じました。

★丁寧な説明と解釈を聞き、非常に勉強になりました。社会が変わる動きをつくる一人の女性の大きな力を学びましたが、そのとてつもなく尽大な労力に心が重くなることも事実です。ありがとうございました。

★講座のテーマがノンフィクションで真実性に緊張があった。被害者の多大な被害を矮小化する世論があり、女性の尊厳を守り、尊厳を戦いとるプロセスのセクハラ裁判の重要性がある。裁判の実績が今後の未熟な法律を改正し、女性の尊厳を社会に問い、定着化の役目を果たす。被害女性の苦しみと怒りは計り知れないものがある。
裁判期間中・裁判にかかる事例外においても女性が自己信頼や自尊感情を取り戻すプロセスにおいてフェミニスト・カウンセラーの関わりと仕事内容の果たす役割は大きい。その仕事と仕事ぶりに尊敬を持っています。
[PR]
by wck-news | 2006-12-18 12:48 | 講座受講者の声

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News