人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

2011年 11月 28日 ( 1 )

2011年秋の講座「自己主張トレーニング」(10月14日~11月11日)に参加された皆さまのご感想をご紹介します。

★友人に相談したことがあっても自分の思いの深い所を口に出してもいい、共有できるという安心感。それは、グル―プトレーニングの醍醐味だと思います。自分が持っていた「モヤモヤ」した気持ちを明確にして「何を伝えたいか」ということに気持ちを持っていくことが出来る?出来そうな予感がします。
「ホンネ」「感情」を出すということが自分の中で獲得出来たことです。
講座の回数を10回にして、2巡くらいしてロールプレイをして1回目のロールプレイと2回目のロールプレイの自分の変化、他の参加者のメンバー変化を知れたと思います。

★メンバーが見ている目の前でロールプレイをすることはとても気恥しく、勇気の必要なことでした。他のメンバーの方々がみなさん真剣に取り組んでいる姿をみせていただいて、大変勉強になり、感謝しています。今回の講座では、自分自身が周りの目を気にして結構自己規制をかけていることが分かりました。「自分の気持ちを言葉にして伝えて良いんだよ。」というメッセージをいただき、自分の気持ちを表すということを恥ずかしがらずに、当たり前のこととしてできるようになりたいと思いました。なかなか現実の社会で実現するのは難しいと思いますが、少しでもこの気づきを活かしていきたいです。

★トレーニングということで、ものすごくエネルギーを使う時間だったと思います。
その分得たものはとても多かったです。
心の基本的権利を知ってから、言っても良いし、言わなくても良いと思うことで楽になることが多くなりました。トレーニングで得たことも、使える時に使おうと思えるというか、使えなくても自分を責めずに済むというか・・・。ありがとうございました。

★実践ロールプレイをしていただいて、皆さんの客観的視点からの助言によりうまく相手に伝える方法がわかり、とてもスッキリしました。はじめはなかなか他の人のロールプレイを見てもそこから得るものは何かと手探り状態だったけど、他の人の状況や考え方などを知り、再度自分のことについて考えるよいきっかけになったと思う。学んだことから実行することはなかなか正直難しいかもしれないが、まずは自分の気持ちをしっかり見つめ、気持ちをまとめ、相手や環境によって伝え方、量、内容を変えて表現、自己主張できるようにしたいと思います。ありがとうございました。

★自己主張トレーニングに参加し、他者のロールプレイやフィードバックを聞くことで、普段自分が感じる“自己主張をするプレッシャー”を客観的にみることができたように感じました。自分が自己主張する場面だと、「こんな事を言ってはいけない」という禁止令が強いけれど、他者のロールプレイをみることで、自分の心で自分に出している禁止令は、現実的に、禁止する必要がない場合が多いのではないかと気付くことができました。

★ロールプレイの前にたっぷり時間をとって丁寧に話しを聴いてもらったことにより、心の整理が出来、自分の気持ちに気づくことができたのがとても良かったです。ひとりでは解決が難しそうな場面でもメンバーからいろいろなアドバイスをもらうなど場の力を借りることで解決の糸口が見えてきたと思いました。共有し話し合うことで生まれる「力」を感じました。ありがとうございました。また機会があれば参加したいと思いました。


次回の自己主張トレーニングは1月31日スタートです!
ご案内はこちらです。お申込み、お待ちしています。


以下に広告が出ることがありますが、 ブログの自動機能によるものであり、ウィメンズカウンセリング京都とは無関係です。ご注意ください。



by WCK-News | 2011-11-28 00:00 | 講座受講者の声

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News