人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:こんなイベントがあります!( 44 )

WCKの公開講座でとりあげた「女性と貧困」関連のイベントを紹介します!
大阪府枚方市のメセナひらかた男女共生フロア・ウィルでの講演です。

6月24日(日) 午後2時~4時
「支援の現場から見えること~つながりゆるりと~」

 
うてつ あきこ さん(生活相談員)
2003年からボランティアとして自立生活サポートセンターもやいの活動に参加。
2004年から誰もが集える居場所「サロン・ド・カフェ こもれび」を立ち上げる。
その後、仲間と立ち上げたこもれびコーヒー焙煎プロジェクトとサロンのコーディネーターを務めながら、団体内のジェンダーやセクハラの問題、女性と貧困の問題にも取り組む。
現在は単身女性の更生施設の生活相談員として勤務。
女性と貧困ネットワーク所属。

・会場は、メセナひらかた会館6階大会議室
・参加は無料

☆詳しくは、メセナひらかた男女共生フロア・ウィルのHPでご確認ください。
  ⇒ http://will-hirakata.org/will/modules/weblog/
by WCK-News | 2012-06-11 00:00 | こんなイベントがあります!
明日6月10日(日)のイベントについて、ご案内をいただきましたので紹介します。

5月5日に韓国・ソウルでオープンした「戦争と女性の人権博物館」の報告イベントが
尼崎女性センタートレピエホールで開催されるそうです。

送っていただいたチラシの画像を貼らせていただきますね。

f0068517_1272978.jpg

詳しくは、以下のHPなどでご確認ください。
http://restoringhonor1000.info/
http://www.jca.apc.org/ianfu_ketsugi/
⇒ 下のサイトの集会案内からチラシ裏表を見ることができます。
by WCK-News | 2012-06-09 12:00 | こんなイベントがあります!
性暴力を許さない女の会のイベントを紹介します。
======================================
2012年5月22日(火)、大阪のドーンセンターで性暴力を許さない女の会が『性犯罪と裁判員制度Ⅱ ~3 年目の見直しに向けて~』を開催します!

この5 月で導入から3 年を経過する裁判員制度。
昨年12 月には法務省の「裁判員制度に関する検討会」で被害者団体へのヒアリングも行われ、制度の見直しも検討されています。
 性犯罪を対象から外すかどうか、裁判員のジェンダーバイアス、事前レクチャーは可能かなど、裁判員制度固有の課題もあります。一方で、事実認定における強姦神話や法廷での二次被害など、一般の裁判にも共通する問題もあります。
 
性暴力を許さない女の会では、制度が開始されて半年後の2009 年11 月に「性犯罪と裁判員制度」をテーマに公開講座を行いました。
今回はその第二弾として、弁護士の段林和江さんをコメンテーターにお招きして、被害者の立場から一緒に考えたいと思います。

● 日時 2012年5月22日 (火) 18 時30分~21時
● 場所 ドーンセンター・中会議室
    (大阪府男女共同参画・青少年センター)
● 発表者 性暴力を許さない女の会スタッフ
  コメンテーター 段林和江 さん(弁護士)
● 会費 1000円(今回から参加費が変わりました) 

*維持会員の方は無料です。
*参加は女性のみ。
 事前申し込み不要。直接会場にお越しください。

● お問い合わせ先
 性暴力を許さない女の会
 大阪市東淀川郵便局私書箱15号
 TEL 06-6322-2313(毎週火曜日 夜7~9時のみ)

● 毎回10~20名くらいのご参加をいただいている、ゆるやかな勉強会です。
  途中参加可。初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。

性暴力を許さない女の会のサイトは以下です。
http://no-seiboryoku.jimdo.com/
by WCK-News | 2012-05-18 23:45 | こんなイベントがあります!
(スタッフの一人からのメールです。許可をもらって、そのまま載せます)

知り合いから宣伝依頼があったのでお知らせします。

★ダルク女性ハウスがNHK出演!

5月7日(月)、8日(火)午後8時~8時半

NHKEテレにダルク女性ハウスの施設長とスタッフが出演するそうです。

お知り合いにも宣伝してください。

※番組のサイトをチェックしたら、LGBTと薬物依存の人の恋バナがテーマだそうです。
ハートをつなごうの後番組なのですね。

ハートネットTV Our Voices「愛する/愛せない(恋愛)」(前編)(後篇)

“生きづらさ”を抱える人たちの声を伝える新しい福祉番組「Our Voices(アワーボイス)」。「愛」「夢」「友情」…。あらゆる人生に関わるテーマを“マイノリティー”が語り合う。第1回は「恋愛」。LGBT(レズビアン/ゲイ/バイセクシュアル/トランスジェンダー)と薬物依存の人の恋バナ!作家・石田衣良、アート集団「Chim↑Pom(チンポム)」の紅一点・エリイ、性同一性障害の当事者・杉山文野が出演。

http://www.nhk.or.jp/heart-net/tv/
by WCK-News | 2012-05-05 00:00 | こんなイベントがあります!

大阪の「性暴力を許さない女の会」の公開講座のお知らせです。
情報をそのまま転載させていただきます。

======================================

せクハラ労災の新基準とは

セクハラ労災を知っていますか?
セクハラが原因で精神疾患にかかり、通院や休職、退職を余儀なくされた場合に、
労働災害として申請して認定されれば、
療養給付や休業給付、年金のような形で様々な給付金の支払いを受けることができます。

2005年12月、厚生労働省はセクハラによる労災認定促進の通知を出しましたが、
認定される件数はわずかでした。

2010年、労災不支給決定を受けた北海道のセクハラ被害者が、
国を相手取って行政訴訟を起こします。

国は判決を待たずに労災を認め、
厚生労働省は労災の認定手続きを見直し、
2011年11月に認定の新基準を含む最終報告書を公表しました。

その翌月には名古屋のセクハラ被害者に対して、
労働保険審査会が先取り的に新基準を適用して労災を認定しました。

まだ新基準は制度化されていませんが、
セクハラを労働災害として認める方向性は強まっています。

今回の公開講座では、社会保険労務士の原さんをゲストスピーカーにお招きし、
セクハラ労災の現状、認定の新基準と今後の方向性についてお話しいただき、
被害者はどのように活用できるのかを一緒に考えたいと思います。

● 日時:2012年2月28日 (火) 18 時30分~21時

● 場所:ドーンセンター・中会議室
    (大阪府男女共同参画・青少年センター)

● ゲストスピーカー:原多恵子さん(社会保険労務士)

● 会費:700円 
 *維持会員の方は無料です。
 *参加は女性のみ。
  事前申し込み不要。直接会場にお越しください。

● お問い合わせ先
 性暴力を許さない女の会
   大阪市東淀川郵便局私書箱15号
   TEL:06-6322-2313(毎週火曜日 夜7~9時のみ)
   http://no-seiboryoku.jimdo.com/

● 毎回10~20名くらいのご参加をいただいている、ゆるやかな勉強会です。
  途中参加可。初めての方もどうぞお気軽にご参加ください。
by WCK-News | 2012-02-11 00:00 | こんなイベントがあります!
ドキュメンタリー映画上映会の情報です 061.gif

■ 第45回ドーン・シネマクラブ
  山形国際ドキュメンタリーー映画祭2011
             ~ 女性作品コレクション

  日時:2012年2月3日(金)~4日(土)
  場所:ドーンセンター 視聴覚スタジオ

   ☆詳細はドーンセンターのHPでご確認下さい。

■ 第7回さるくびとシネマ
  『姉妹よ、まずかく疑うことを習え』
   山川菊栄さんの生涯を描いたドキュメンタリー
                (山上千恵子監督)

  日時:2012年2月5日(日)
  場所:京都市東山いきいき市民活動センター
                      2 階集会室

   ☆詳細は、こちらのサイトhttp://cotocoto.jp/event/60338をご覧ください。


       京都市東山いきいき市民活動センターは地下鉄&京阪三条駅から徒歩5分
       ⇒地図はこちら
by WCK-News | 2012-01-26 18:50 | こんなイベントがあります!
今週末には大阪で、10月には京都で、関西クィア映画祭が開催されます。
手元にあるフライヤー(という言い方でいいのかな?)
から引用させてもらうと、
 「クィア」をキーワードに、「性」とそれに関わる「暮らし・生き方」をテーマとした映像作品を集めて上映する関西で最大規模のお祭りです。
 2005年の7月に第1回が開催され、今年で第6回目を迎えることができました。
 同性愛をテーマにした作品に留まらず、トランスジェンダーやバイセクシュアル、インターセックスなどを扱った映画を日本で最も多く上映してきた映画祭でもあります。

とのことです。

日程は、
大阪(HEP HALL):9/17(土) ・ 18(日) ・19(月・祝)
京都(京大西部講堂):10/21(金) ・22(土) ・ 23(日)

詳しくは、映画祭のサイトでご確認くださいね。
↓↓↓
http://kansai-qff.org/2011/

11月5日には「関西レインボーパレード」もあります!
↓↓↓
kansaiparade.org/2011/



by wck-news | 2011-09-14 00:00 | こんなイベントがあります!

QWRCさん主催の連続講座

今年1月に実施したフェミニストカウンセリング講座Ⅲ「セクシュアリティ」に
講師としてお招きした桂木さんから、QWRCさん主催の連続講座のご案内を
いただきましたので、ご紹介します。

事前の申し込みはなくても大丈夫だそうです。

****************************************

QWRC連続講座
LGBTの医療・福祉2 ―豊かなサバイバルを考えよう―

サバイバルとは、困難な状況を越えて生き抜くこと。
頑張ってきた自分を励まし、そして、変えられるものを変える勇気を。

日時:2011年7月16日(土)、17日(日)、18日(月・祝)
受付10時 10:30-12:30(講義)  13:30-15:30(ワーク)
*一日通しでの参加となります。
詳しくは → http://www.qwrc.org/

参加費:1日2000円 定員:60名
対象者:LGBTや多様な性を生きる人々、及びこのテーマに関心のある人
会場:HRCビル(大阪市港区波除4-1-37)4階第1研修室
JR大阪環状線「弁天町」駅北口より 徒歩8分

7月16日(土)
●「回復~~DV・アディクションをめぐる対話~~」
講師:ステファン・ラルさん(DVサバイバー支援 いくの学園)
   倉田めばさん(大阪ダルク施設長、Freedom代表、神戸学院大学学際機構客員教授)

7月17日(日)
●「私たちのセーフティーネット」
講師:谷口 伊三美さん(生活保護ケースワーカー養成講座代表)
   高橋 慎一さん (関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち)

7月18日(月・祝)
●「医療機関でのカミングアウトの意味」 
講師:井戸田一郎さん(しらかば診療所)

●「性同一性障害のための精神科利用講座」  
講師:土肥 いつきさん (まんまるの会:関西医大病院ジェンダークリニック受診者の会)
   織田 裕行さん (関西医科大学 滝井病院 精神神経科 医師)

*やむをえず、講師が変更になる場合があります。ご了承ください。


主催:QWRC
LGBTI等、多様な性を生きる人々のためのリソースセンター
連絡先:info@qwrc.org 

*ファイザープログラム~心とからだのヘルスケアに関する市民活動事業助成事業

--------------------------------------------------------------------------以上
by wck-news | 2011-06-11 00:00 | こんなイベントがあります!
フェミニストカウンセリング神戸主催のシンポジウムをご紹介します。
性暴力禁止法つくろうネットワーク全国縦断シンポジウム、2月は神戸、3月は京都です!

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

性暴力禁止法をつくろうネットワーク全国縦断シンポジウム in 神戸

みんなで、知ろう! 考えよう! つくろう!
あらゆる性暴力をゆるさない法律を、被害回復を支える法律を

講師 : 田口 奈緒 (若宮病院 産婦人科医師)
     遠藤 智子 (性暴力禁止法をつくろうネットワーク事務局)


日本には、性暴力を禁止する包括的な法律がありません。被害を訴えたくても訴えることの出来ない状況で、多くの被害者は沈黙を強いられています。
日本に「性暴力禁止法」を作り、あらゆる人が安心して暮らせる社会を築くために、2008年に「性暴力禁止法をつくろうネットワーク」が活動を開始しました。現在、その活動を広めるために全国縦断シンポジウムが日本各地で開かれています。
今回、神戸のシンポジウムでは、医療の現場から性暴力の実情や医師として感じることについてお話いただき、その後、日本の法律の問題点や、先進諸国の性暴力禁止法について、またネットワークの活動について報告していただきます。
私たちが納得できる法律をつくるために、一緒に考え、知恵を寄せ合いましょう。

日時:2011年2月27日 14時~17時
会場:あすてっぷKOBE セミナー室1
定員:50名 (申込先着順)
参加費:会員 500円 一般 1000円
保育 :定員5名(2歳~就学前)1人500円

※保育ご希望の方は2月20日までにお申込ください。
申込・問い合せ:NPO法人フェミニストカウンセリング神戸
電話/FAX 078-360-6211 Eメール femi-ko@nifty.com
主催: NPO法人フェミニストカウンセリング神戸 http://www.femi-c-kobe.com/
後援: 神戸市 NPO法人日本フェミニストカウンセリング学会

⇒⇒チラシ、申し込み用紙は、フェミニストカウンセリング神戸HP・シンポ案内ページへ

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


以下に広告がでることがありますが、ウィメンズカウンセリング京都とは無関係です。
ご注意ください。          
by wck-news | 2011-02-06 00:00 | こんなイベントがあります!
「転送大歓迎」とあるので、そのまま、お知らせを貼り付けます。

===================================
大阪の「性暴力を許さない女の会」の11月公開講座&
「ポルノ・買春問題研究会」の10周年記念イベントのお知らせです。

被害者の立場からポルノ規制についての議論を深めたいと思っています。
是非ご参加ください!

「ポルノ規制はなぜ必要か」
11月23日(火・祝)13:30~17:30
すてっぷホール(とよなか男女共同参画推進センターすてっぷ)
TEL:06-6844-9773
阪急豊中駅下車すぐ

講 師 :森田成也(ポルノ・買春問題研究会)
パネラー:中里見博(ポルノ・買春問題研究会)
     金尻カズナ(ポルノ・買春問題研究会)
     吉田容子(弁護士、人身売買禁止ネットワーク)
     栗原洋子(性暴力を許さない女の会)
コーディネーター:山中はるな(性暴力を許さない女の会)

参加費:1500円
※男性は視聴覚室での参加になります。

お問い合わせ先:性暴力を許さない女の会
TEL:06-6322-2313
HPのアドレスは http://no-seiboryoku.jimdo.com/ です。

======================================
以下に広告が出ることがありますが、自動機能によるものであり、ウィメンズカウンセリング京都とは無関係ですので、ご注意下さい。
by wck-news | 2010-11-15 00:00 | こんなイベントがあります!

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News