ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

秋のFC公開講座

フェミニストカウンセリング秋の公開講座のご案内です。

「“こころ”と“からだ”のリラクゼーション講座」
f0068517_2141655.jpg
■日時:11月7日(金)19時~20時45分
■講師:栗岡多恵子 さん (Brisaブリーザ主宰)

     ゆったりと「大切なわたしのからだ」を確かめながら、
     自然のままの“からだほぐし”で、
     こころとからだをさわやかに、
     自分を取り戻す時間を共有しましょう。    
    
☆Brisaのホームページはこちらです。(http://www.voluntary.jp/brisa/)
☆以前に開催された栗岡さんのボディワークについての感想は、こちらで読むことができます。
 
「摂食障害について理解を深める
             ~精神医療の視点から」
 

■日時:11月26日(水)19時~20時45分
■講師:浜垣誠司 さん(精神科医・高木神経科医院医師) 

最新の精神医療の側面から摂食障害とはどのようなものかを説明いただき、
その回復過程について豊富な臨床経験にもとづいたお話をしていただきます。
f0068517_2212192.jpg
会 場 :京都市子育て支援総合センター
     こどもみらい館
        (中京区間之町通り竹屋町下がる)
        ※地下鉄丸太町駅徒歩3分
定 員 :10
受講料:1回のみ3,150円 /2回とも6,300円
                       (消費税込)
       ☆当日、受付でお支払い下さい。

申込み:ウィメンズカウンセリング京都
      電話、FAXまたはHPからお申込みください。
☆定員になり次第締め切ります。
*11月7日は、動きやすい服装と水分補給のための飲料水を持参ください。

ウィメンズカウンセリング京都
〒602-8027 京都市上京区衣棚通下立売下ル東立売町203 大京ビル2F
(TEL) 075-222-2133   (FAX)075-222-1822
受付時間:月~土 10時~17時
ホームページ http://www.w-c-k.org/
[PR]
by wck-news | 2008-10-26 21:20 | お知らせ(講座情報など)

冬の講座案内

ウィメンズカウンセリング京都 冬の講座のご案内です!

    “わたし”とつきあう、人とかかわる技術(スキル)―Part③―
             『問題解決をしよう』

f0068517_01457.jpg
なんらかの対立や問題は誰にでも起こるものです。
誰かとの間で対立や問題が持ち上がったとき、どのように対応していますか?
◆相手に勝とうとやっきになりますか?
◆いつも相手に譲ってしまいますか?
◆自分の言い分が通らないなら、相手の言い分も聞きたくないと意地になりますか?

それらのいずれでもない、「Win-Win」(お互いに満足できる合意や解決策を模索する)の考え方を取り入れた問題解決法を考える講座です。
ぜひご参加下さい。
f0068517_01824100.jpg
日時:2008年12月1日、8日、15日
  いずれも月曜日 午後7:00~9:00
対象:コミュニケーションについて考えたい女性
会場:ウィメンズカウンセリング京都
    3F ワークルーム
受講料:6,300円(全3回)
定員:10名(最低成立人数5名)
講師:ウィメンズカウンセリング京都カウンセラー
申込み:TEL・FAX・メールで11月25日(火)までにお申込み下さい。



ウィメンズカウンセリング京都
京都市上京区衣棚通下立売下ル東立売町203大京ビル2F
TEL:075-222-2133   FAX:075-222-1822
E-mail:info@w-c-k.org  HP:http:://www.w-c-k.org/
f0068517_003979.gif

[PR]
by wck-news | 2008-10-26 00:00 | お知らせ(講座情報など)
☆11月8・9日に開かれる京都ヒューマンフェスタ2008について、追加のご案内です。

ウィメンズカウンセリング京都は、11月8日(土)みやこめっせでのブース展示にも参加することになりました。
時間は10時から17時までです。
当日はウィメンズカウンセリング京都の紹介、書籍の販売のほか、
2002年度コニカフォトプレミオ大賞を受賞された原田徳子さんの写真展も行います。
ぜひぜひ、ご来場下さいね。お待ちしてます!!
9日(日)には先日ご案内した人権シンポジウムもあります。こちらもどうぞよろしく。

f0068517_23143544.gif


写真展「母へ」
f0068517_23151622.jpg

■コニカフォトプレミオ選評
コニカ フォトプレミオ 大賞作品「母へ」は、郷里に住む母親とその存在漂う実家の生活風景を描いた作品で、母と娘、古来から様々な形で表現されてきた関係が、作者の成熟と共に美しいモノクロームの映像で表現されています。故郷で一人身の生活を送る母親と離れて暮らす娘、「母」は「ふるさと」と密接につながり、漂う家族の絆と共に、作者個人の内面を超えて普遍的な内容を得ています。老いていく母を中心に、一家族の血縁と狭い地域における地縁を濃厚に見せるその作品群は、滲み出るような映像力を持って、他者である私たちの魂をも揺さぶり、優れた私小説のような構成力の高さも評価されました。
                            (コニカ フォトプレミオ事務局、コニカプラザ)

■作品紹介
「父が亡くなってから母とゆっくり話す機会が増えました。そして、母もまた多くの女性同様、たくさんの選択肢をもって生きてきたわけではないと気づく中で、あまり好きではなかった母の一面も違って見えてきました。私の母へのまなざしは大きく変わっていきました。私自身、20代から30代への変わり目の時期だったせいかもしれません。30歳を過ぎて写真を始め、そんな自分から見た母の姿を撮りたいと思い、故郷に住む母のもとへカメラを持って通いました。」
                                                (2003年)
 この後、母は幾度かの大病を経て、3年前に生活すべてにわたって介護が必要となり、一緒に暮らした。今年2月急逝。まだまだ一緒にいられると思っていたので、思いは募るばかりだ。けれど、矛盾するようだが、長年にわたる母との葛藤をやりきった、そんな思いが胸の奥から湧いてきている。とりわけ、介護を通してぶつかりあい深く濃く関わりあった最後の2年間は「珠玉の時」だったと、今にして思う。私と母との物語を紡ぐ営み、「母へ~最終章~」は今始まったばかりだ。

■原田徳子(Harada Tokuko)さんのプロフィール 
  1966年生まれ
  2001年 ビジュアルアーツ専門学校・大阪写真学科卒業
  2003年 写真展「母へ」
         コニカプラザ(現コニカミノルタプラザ、新宿)
         サーカスサーカス(神戸)
         ビジュアルアーツギャラリー(大阪)
       ☆ コニカフォトプレミオ2002年度大賞受賞
[PR]
by wck-news | 2008-10-24 00:05 | お知らせ(講座情報など)

WCKニュース第48号

10月ももう半ばを過ぎました。みなさまいかがお過ごしでしょうか。
さて、WCKニュース第48号を発行しました! 今号の内容です。

☆ CONTENTS ☆
■巻頭エッセイ/スタッフ
■寄稿:「ケータイインターネットと子ども」    
■特集:「DV・児童虐待被害者へのケア~社会の責任として考えるために」
                             /竹之下雅代
   ※11月9日に京都会館で行われる人権シンポジウムの基礎知識編です。
   シンポジウムにも、ぜひご参加くださいね。

■報告:「アジアに広がるフェミニストカウンセリング」/福岡ともみ
   ※9月にソウルで開催されたDV根絶国際フォーラムの報告です。
■連載:“ポスト”フェミニズム理論の迷宮を歩く⑱」/大槻有紀子
   「自称詞をめぐる困難~ジェンダー・クリエイティブという視点
■新連載が始まりました!
   「ゆるゆるコラム☆少女マンガ幻想①」  /さかたゆきこ
■インフォメーション:2008年秋の講座案内、WCK14周年人権シンポほか


ご購読のお申し込み、お待ちしています。
ニュースレターについてのご案内は、こちらをご覧下さい。

お申し込み・お問い合わせはウィメンズカウンセリング京都(WCK)まで。
TEL:075-222-2133    FAX:075-222-1822
E-mail:info@w-c-k.org HP:http://www.w-c-k.org/
[PR]
by wck-news | 2008-10-16 18:00 | ニュースレター

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News