人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ニュースレター第53号

WCKニュース第53号を発行しました!
お知らせが遅くなりました。

今号の内容紹介です。

☆ CONTENTS ☆

■巻頭エッセイ:スタッフ
■寄稿 :「 CFA60」
■特集 : 「ビフォー・アフター~隠されている女性の貧困」/田中君枝
■報告 : 「2009年公開講座「性暴力禁止法をつくろう!」/小松明子
■連載 : “ポスト”フェミニズム理論の迷宮を歩く(23)
      「「そそのかす」力と自己決定~身体加工とアイデンティティ③」/大槻有紀子
■連載 : ゆるゆるコラム☆少女マンガ幻想⑥ 
      「幸せになりたくて幸せにしたくて」     /さかたゆきこ
■インフォメーション : 自分を好きになる講座ほか

今号も充実!と自画自賛058.gif
ご購読のお申し込み、お待ちしています!

※ニュースレターについてのご案内は、こちらをご覧下さい。

お申し込み・お問い合わせはウィメンズカウンセリング京都(WCK)まで。
TEL : 075-222-2133    FAX : 075-222-1822
E-mail: info@w-c-k.org  HP : http://www.w-c-k.org/
by wck-news | 2010-01-31 00:00 | ニュースレター

1月のオススメ本!

1月のスタッフオススメ本です。
とっても遅くなってしまいました。すみません!

風の影〈上〉 (集英社文庫)

カルロス・ルイス サフォン / 集英社

風の影

風の影〈下〉 (集英社文庫)

カルロス・ルイス サフォン / 集英社


著者は、スペインはバルセロナの生まれ。1945年から1965年のバルセロナが舞台。
内戦直後、自治政府から独裁政権へと変貌する社会情勢を背景に、ミステリー&ロマンス&友情が描かれている。主人公ダニエルが古本屋業を営む父親に連れられていった「忘れられた本の墓場」で手にした一冊。この一冊の本から事件が次々とまき起こり、過去と現在とが交錯しながら緊迫感を増していく。


DVD+BOOK 認知行動療法、べてる式。

伊藤 絵美 / 医学書院


「べてるの家」を訪れたのは2004年の晩夏でした。壁に「べてるの理念」がいろんな色のマジックで記されていたのを思い出します。
「偏見差別大歓迎」「場の力を信じる」「昇る人生から降りる人生へ」「三度の飯よりミーティング」「苦労を取り戻す」「安心してサボれる職場づくり」「弱さの情報公開」「自分でつけよう自分の病気」「勝手に直すな自分の病気」「べてるに来れば病気が出る」「幻聴鑑定団『いい病気してますねぇ』」「手を動かすより口を動かせ」などなど。
「リフレイミングのおもろさ」とでもいいますか、笑いながらちょっと目頭が熱くなりました。

この本は、臨床心理士・伊藤絵美さんのクライアントに対する姿勢に共感が持てたし、認知行動療法の概論もためになりました。ヴィクトール・フランクルの言葉も紹介されてます。
フェミカンの未来戦略は女たちが地域で「堂々とそこそこ食えていく」ことかも、と妄想しながら読み終えました。

WCKニュースはもうすぐ発行できるはず。
ご購読いただいているみなさま、もうしばらく、お待ち下さいね。055.gif
by wck-news | 2010-01-20 00:00 | 本・映画・DVD

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News