人気ブログランキング |

ウィメンズカウンセリング京都          ☆スタッフblog

wcknews.exblog.jp
ブログトップ
★ウィメンズカウンセリング京都スタッフの周藤が、セクハラ相談についての本を出版しました!
セクハラ相談についての本のご案内_f0068517_0155913.gif
『疑問スッキリ!セクハラ相談の基本と実際 』

【著 者】周藤 由美子(すとう ゆみこ)

【出版社】新水社
A5判・定価:1050円(本体1000円+税)
ISBN978-4-88385-103-4

セクハラ研修用ブックレットに最適!
キーワードやコラムで基本もバッチリ。


相談員である「あなた」が孤立して追い詰められてしまっては被害者を十分に援助することはできません。あなたが自信をもって対応するために、この本はあります。

【目 次】
この本の使い方
<序文> 被害者にとっても、組織にとっても有益なセクハラ相談とは?
                     ウィメンズカウンセリング京都 井上摩耶子

Chapter1 セクハラの基本知識 …これだけは! 疑問解消
1 セクシュアル・ハラスメントって?
2 被害者の気持ちを理解しよう
3 加害者はどんな人か
(事例)行政指導を受け、新聞報道されることも…
    労災について
(コラム)京大・矢野事件 /横山ノック事件 /エベレス・マインズ事件

Chapter2 セクハラ相談の実際…あわてず落ち着いて相談者の立場になる
1 どんな心構えでのぞめばいいか
2 ありがちな対応をしていませんか?
3 相談を受ける体制を準備しよう
4 どのように相談を受けるか
5 傷つけない相談の受け方を考えよう
6 対応の選択肢を一緒に検討しよう

(判例)相談対応が問題になって、裁判になった例
(コラム)アサーティブネス・トレーニング/均等室の調停/法テラス

Chapter3 加害者への対応と再発防止
…調査と啓発のポイント/パワハラ&アカハラを踏まえて…

1 加害者への対応
2 調査をするときのポイント
3 外部に委託する
4 事実認定後の対応
5 啓発・広報のポイント
6 パワー・ハラスメントとは?
7 アカデミック・ハラスメントとは?
(コラム)フェミニストカウンセリングとは?/セクハラをめぐる歴史

Chapter4 資料
男女雇用機会均等法セクシュアルハラスメント関連条文、指針 他 
相談先リスト)雇用均等室/民間の女性向け相談先/フェミニストカウンセリングルーム
もっと知りたい人のための図書リスト

■新水社のホームページはこちらです。
■著者周藤が新水社のページで連載したコラム「エステとフェミと占いと」もお読みください。

※WCKでも販売しています。詳細はお問い合わせ下さい。
TEL:075-222-2133 FAX:075-222-1822
E-mail:info@w-c-k.org  
# by wck-news | 2007-10-25 10:00 | 本・映画・DVD

ニュースレター第44号

やっと涼しくなったと思ったら、とたんに朝晩は肌寒いほど。
きちんと季節はめぐってくるものですね。
ブログの背景も秋らしくしてみました。いかがでしょうか?

さて、WCKニュース第44号を発行しました。
ご購読いただいている皆さま、いつもありがとうございます。
近日中にお手元に届くと思いますので、もうしばらくお待ち下さい。

今号は、10/21(日)の公開講座に関係する特集記事、予告を掲載しております。お読みいただき、ぜひぜひ、ウィングス京都へ足をお運び下さい。
来年5月に京都で開催されるフェミニストカウンセリング学会全国大会に向けての準備も始動しました。

☆CONTENS☆
■巻頭エッセイ/スタッフ
■寄稿「京都府向ヶ丘養護学校の教育を問う」
■特集「性暴力・DV被害者の社会的回復をめざして」/井上摩耶子
■イベント報告「性差科学の最前線:性差の起源を探る」/竹之下雅代
■公開講座予告「性暴力やDV被害者の社会的回復をめざして」/福岡ともみ
■フェミニストカウンセリング学会全国大会:実行委員会へのお誘い
■インフォメーション:フェミニストカウンセラー養成講座・公開講座ほか

ご購読のお申し込み、お待ちしています!
ニュースレターについてのご案内はこちらをご覧下さい。

☆★WCKニュースバックナンバーセットも好評販売中です!☆★
   第1号~20号セット / 第13号~28号セット  各1500円(送料別)
  ※数に限りがありますので、ご了承下さい。

お申し込み・お問い合わせはウィメンズカウンセリング京都(WCK)まで。
TEL:075-222-2133 FAX:075-222-1822
E-mail:info@w-c-k.org  
HP:http:://www.w-c-k.org/
# by wck-news | 2007-10-16 18:15 | ニュースレター
■“わたし”とつきあう、人とかかわる技術(スキル)Part①
「"怒り"とつきあう」に参加された方々のご感想を紹介させていただきます。


★自分にとって怒りはマイナスにもプラスにも働いていることに気付くいいチャンスになりました。まず第一ステップは自分の今の状態に気付く、知ること。それを必死でやり過ごすことにエネルギーをこれまで使っていたと思いました。第二ステップは怒りをどうすれば相手に伝えられて、それによって改善するのかを考えること。これらはとても難しく捉えてしまいがちですが、以前の演習(ロールプレイ)を通して、目的を一つに絞ること、自分の伝えたいことをシンプルにそぎ落として、それに肉付けするように語尾や声のトーンに心を傾けると尚いいのか…と思いました。ただ、怒りに支配されそうな時の方が今は多いのが現状なので、まず気持ちを落ち着けるように一呼吸(深呼吸する)置く、確認をする(相手にも、自分にも)ことがすごくいいように思いました。

★怒りの扱いについて、自分ではなかなか対処できなかったり、自分だけこんなに怒るのは、自分に欠陥があるのではないかと、長い間悩んできました。カウンセリングの場で少しずつ自分の感情に気づくことができたり、怒りの元は何だったのかなどを引き出して頂いていますが、今回、同じような気持ちをもった方々と思いを共有できた事や、自分と違う対処法などを聞く事で、非常に参考になりました。
教えて頂いたスキルは、すぐに身につかないかもしれませんが、意識することを心がけることで、自分のスキルとして使えればいいなと思っています。

★この講座では、人数が少ないので、毎回発言の回数が多いし、それを他の人みんなが熱心にきいてくれるのでいいと思います。他では、自分の怒りの気持ちを熱心にきいてくれる人はいないからです。怒りをパワーにという考えは、前向きで良いと思いますが、世間には理解してくれる人は、まだまだ少ないと思います。

★病院のカウンセリングにかかって1年近くたち、その間、怒りについて考えて来ました。怒りの裏にある気持ちをカウンセラーに伝える事で、自分の気持ちを感じるようになり、だんだん“キレる”私はなくなりました。そうすると、その裏にある気持ちが日常でわき出て来て、怒りにまかせて生きて来た自分に気がつきました。このセミナーを受けて、色んな人が様々な形で怒りを感じ、表現しているのだと知りました。普段本音を話す事があまりない中、話をきけるのは貴重でした。
怒りが生じた時に、“自分”も又“相手”も冷静になってから話し合う事が出来ると知り、ためになりました。
ありがとうございます。

★怒りについて、日頃から外で、あまりほとんど怒ったことがない私にとって、何かをつかみたくて、わかりにくくて、参加しました。どうして、自分に怒りがないわけじゃないのに、表になかなか出にくく、自分が何を考えているのか、わかりません。なにか、生き生きとするために、怒りがもっと出てきたらと思っています。でも、これにも深い意味があり、考えていくチャンスだと思います。“怒りパワーでせきとめる”、そんなパワーがあるのか、「自分のために怒る」そんなことをするためにあるのか、新鮮、発想にないことでした。怒りをおさえている分、自分を責めるものすごいパワーが気力をかなりそいでいると思います。それなら…怒りをもっと出せるようになり、怒りパワーでパワーを出していいのかな…とも思っています。そのためには、自分に向き合っていくことが大事かと思います。燃えつきもよくわかりました。
# by wck-news | 2007-10-15 13:30 | 講座受講者の声

公開講座のご案内です!

ウィメンズカウンセリング京都 公開講座Vol.35
性暴力やDV被害者の社会的回復をめざして
傍観しているときではない。「孤立しない、させない」ネットワーク形成へ


被害から心理的に精神医学的に回復し、次いで社会のなかで再び生きていけることによって、被害女性は回復の最終段階に到達する。しかし、この道程を阻むもののなんと多いことか。私たちはいつも怒っている。とくに裁判や行政などでの被害者非難とラベリングは許せない。被害女性の生存権をすさまじく脅かすからだ。
私たちは、被害女性の回復は、ジェンダー中立をめざす社会的関係の中でこそ可能だと考えている。カウンセリング、医療、法律、行政、さまざまな相談機関などの現場がつながること。そして、人間関係の網の目の中で、適時適材に被害女性のアドボケイトをおこなうことによって、回復への環境をととのえていくことができるのではないか。傍観しているときではない。「孤立しない、孤立させない」ネットワークを作り上げよう。

■シンポジスト:吉田容子さん(弁護士)        
          浜垣誠司さん(精神科医)
          福岡ともみ(ウィメンズカウンセリング京都)

■コーディネーター:井上摩耶子(ウィメンズカウンセリング京都)

■日時:1021日(日) 午後 1:30~4:30
■場所:ウィングス京都 2F・セミナー室B 
     京都市中京区東洞院六角下る御射山262 
     地下鉄四条・阪急烏丸下車徒歩5分
     ※一般来館者用の駐車場はありませんので、電車・バスをご利用ください。


■参加費:1500円(消費税込み)

主催・問い合わせ先  ウィメンズカウンセリング京都
〒602-8027 京都市上京区衣棚通下立売通下ル東立売町203大京ビル2F
TEL:075-222-2133 FAX:075-222-1822
HP:http://www.w-c-k.org/
# by wck-news | 2007-09-15 10:47 | お知らせ(講座情報など)
      フェミニストカウンセリングを実践する
          ~フェミニストカウンセラー養成講座~


★フェミニストカウンセリングの視点をもって、女性をサポートしたいと考えている人たちのための講座です!

DVやセクハラの相談に関わっていてスキルアップしたいと考えておられる方、サポートの現場をもちフェミニストカウンセリングの援助方法を学びたい方、これからサポートしたいと考えておられる方のための講座です。
1年間を3クールに分け、女性の悩みに対するフェミニストカウンセリングの理論と実践方法について学びます。特に、DVやセクハラの相談対応について理解を深めていただけるようプログラムを作成しています。
第1クールのテーマは、「DV被害者の心理的支援を学ぶ」です。年間受講希望者を優先しますが、1クールのみの受講も可能です。

日 時 ■ 2007年1026日 ~第1クール(8回)スタート 
     毎週金曜日 PM 7:00~9:00(11月23日は休みです)
会 場 ■ ウィメンズカウンセリング京都
講 師 ■ ウィメンズカウンセリング京都スタッフ・フェミニストカウンセラー
定 員 ■ 15名(最低成立人数は5名です)
受講料■第1クール全8回分 25,200円(消費税込)
       (年間全32回 100,800円になります)

      ※一度入金されたものは返金いたしません。

申込み■ 電話、FAX、Eメールでお申込みください。定員になり次第締め切ります。

後援:NPO法人日本フェミニストカウンセリング学会 
*規定の受講回数修了後は、日本フェミニストカウンセリング学会フェミニストカウンセラー資格取得のための基礎コース2回分の受講歴に充当することができます。


ウィメンズカウンセリング京都
〒602-8027
京都市上京区衣棚通下立売通下る東立売町203 大京ビル2F
TEL:075-222-2133 FAX:075-222-1822 
E-mail:info@w-c-k.org  
HP: http://www.w-c-k.org/
フェミニストカウンセラー養成講座スタート!_f0068517_8572581.gif

# by wck-news | 2007-09-10 10:00 | お知らせ(講座情報など)
          シネマ de フェミカン
~あのシネマをフェミニストカウンセリングの視点でもう一度!~


2007年 秋 新企画の講座スタート!_f0068517_094817.jpg映画を観た後、フェミカンの視点で話がしたいと思ったことはありませんか? 今回の講座は、毎回1本の映画を題材に参加者で自由に話し合います。WCKスタッフが交替で、そのシネマに関連する簡単な話題提供とファシリテート(進行役)を担当します。存分に語り合いましょう!  
題材のシネマは、講座日までに、各自で観ていただくか、それが難しい場合はお問い合わせください。
2007年 秋 新企画の講座スタート!_f0068517_23543964.jpg 
映画をよく観る人も、普段観ない人も、どうぞ気軽に参加してください!

★とりあげる映画は、『スタンドアップ』『モナリザスマイル』『フライドグリーントマト』・『オルランド』などを予定しています。
2007年 秋 新企画の講座スタート!_f0068517_0114477.jpg
日 時 ■ 2007年10月6日~ 
         毎月第1,3土曜日(11月3日は休みです)
        PM1:30~3:30 全5回
会 場 ■ ウィメンズカウンセリング京都
講 師 ■ ウィメンズカウンセリング京都スタッフ
定 員 ■ 15名(最低成立人数は5名です)
2007年 秋 新企画の講座スタート!_f0068517_0161993.jpg
受講料■ 10,500円(消費税込)
       ※一度入金されたものは返金いたしません。
申込み■ 電話、FAX、Eメールでお申込みください。
       定員になり次第締め切ります。


ウィメンズカウンセリング京都
〒602-8027
京都市上京区衣棚通下立売通下る東立売町203 大京ビル2F
TEL:075-222-2133 FAX:075-222-1822 
E-mail:info@w-c-k.org  
HP: http://www.w-c-k.org/

           
# by wck-news | 2007-09-06 18:32 | お知らせ(講座情報など)
☆★☆10月からの新講座のご案内です。ご参加、お待ちしています。☆★☆
"こころ"と"からだ"のリラクゼーション講座
      ~ボディワーク&アロマの香りでセルフケア~    
  

               講師:栗岡多恵子さん(Brisaブリーザ主宰)
ボディ・ワークの連続講座を開催します!_f0068517_225757100.jpg
エッセンシャルオイルの香りに包まれて、大切なわたしの“こころ”と“からだ”がリラックスするボディワークで、ストレスマネジメントしましょう。
のんびり、ゆっくりと自分を取り戻す時間を紡いでみませんか。

①10月1日★オリエンテーションとセルフケア★
 アロマの香りに包まれて、“こころ”と“からだ”の緊張をゆるめながら ボディワークによるストレスマネジメントの方法を学びます。 

②10月15日★からだほぐし★
 日々の疲れやストレスでかたく重たくなった「大切なわたしのからだ」を確かめながら、各部分ごとに、ゆっくりした動きで丁寧にほぐします。

③10月29日★呼吸法とリラクゼーション★
 腹式呼吸で、「いま、ここにいる私」のからだの中心から呼吸して、こころとからだを浄化していきます。

④11月12日★きれいな姿勢でからだを目覚めさせる★
 きれいな姿勢を保ちながら、骨格を調整して、気分を上向きにリフレッシュさせます。

⑤11月26日★リラクゼーションのためのボディワーク総まとめ(基礎編)★
 第1回からのからだほぐし・呼吸法・姿勢・骨格調整などを組み合わせて、自然で「ありのままのわたし」がゆったりとリラックスできる自分中心のボディワークの時を紡ぎます。

□定員10人(最低成立人数7名)
□いずれも、月曜日19:00~20:30となります。

主催:ウィメンズカウンセリング京都&Brisaブリーザ
――申し込み・お問い合わせは…ウィメンズカウンセリング京都 TEL:075-222-2133
                                  e-mail:info@w-c-k.org

■場所:こどもみらい館(京都市子育て支援総合センター)
      2階和室(京都市中京区間之町通竹屋町下る)
■TEL:075-254-5001
■参加費:全5回10,500円
■当日は動きやすい服装と水分補給のための飲料水を持参ください。
  
# by wck-news | 2007-08-29 22:26 | お知らせ(講座情報など)
オムロン「ヒューマンかざぐるま賞」を受賞して_f0068517_23165211.jpg報告が遅くなってしまいましたが、2007年5月31日、オムロンの第18回ヒューマンかざぐるま賞(団体賞)を受賞しました。受賞理由は、女性の自立や社会参画支援への貢献ということです。
 私たちの活動が、企業によって認めていただいたということで、なにか一瞬、不思議な気がしました。私は、大学や企業にセクハラ研修に行くことが多いのですが、常に一部の男性から「まるで『男はみんなセクハラ男だ』と言わんばかりの話はケシカラン!」とのお叱りを受けることが多いのです。そのことを思い出したもので、ウィメンズカウンセリング京都の活動がほんとうに企業によって認めていただけたのだろうかと、ちょっと不思議に思ったわけです。しかし、私は決して「すべての男がセクハラ加害者である」などとは考えていないので、男性中心の企業からフェミニストカウンセリング活動が認められても、「わかる男性にはわかってもらっているのだ」と素直に喜びたいと思います。
 こういうこだわりは本当に面倒くさいですね。私が、新しい世代のフェミニストに批判される点でしょうね。もう少し軽やかに越えていかなければならない問題なのだろうと思います。しかし、
少し飛躍しますが、フェミニストカウンセリングが性暴力・DV加害男性をどう捉え、加害者更生や教育にどう取組むのかという問題は、なかなかに難問です。私自身は、もう少し筋を立てて考えてみたいと思っています。
 話が横にそれてしましましたが、オムロンにはたいへん感謝していますし、いただいた賞金も、セクハラ・DV被害に遭いながらカウンセリング料金が払えない人たちのカウンセリング料に充当したり、新しいトラウマ療法をはじめるにあたっての準備金として有効に使わせていただきたいと思います。ありがとうございました。
                                                    (M.I)


■ヒューマンかざぐるま賞については、こちらをご覧下さい。
■賞状と副賞としていただいたブロンズ像「光」ちゃんです。

オムロン「ヒューマンかざぐるま賞」を受賞して_f0068517_22463917.jpg
オムロン「ヒューマンかざぐるま賞」を受賞して_f0068517_2251968.jpg

※拡大してみました。
オムロン「ヒューマンかざぐるま賞」を受賞して_f0068517_2364399.jpg
# by WCK-News | 2007-08-19 18:17 | ヒューマンかざぐるま賞
“わたし”とつきあう、人とかかわる技術(スキル)Part①

              "怒り"とつきあう


★好評につき、追加講座を開催いたします。参加お申し込み、お待ちしています!

「怒りとつきあう」講座 追加開催!_f0068517_23505171.gif

あなたは、どんな時に怒りを感じますか?
誰かから一方的に決めつけられたり、非難されたとき。自分の意見を無視されたり、したくないことを強制されたとき…そんなときに怒りを感じるのは自然なこと…そんなふうに思えていますか? 
怒った後でいつも後悔していませんか?
怒りは、私たちにとって、とてもやっかいな、扱いにくい感情です。
そもそも怒りってどんな感情?怒ったとき、どうすればいいのか?誰かの怒りにどう対処したらいいの?etc.―グループメンバーと語り合いながら、怒りとのつきあい方を見つけましょう!

「怒りとつきあう」講座 追加開催!_f0068517_2343332.gif
日時:2007年9月11日、9月18日、9月25日
いずれも火曜日 19:00~21:00
会場:ウィメンズカウンセリング京都
受講料:6,300円(全3回)
定員:10名(最低成立人数5名)


※TEL、FAX、メールでお申込みください。
  一旦入金された料金は返金致しません。ご了承ください。

ウィメンズカウンセリング京都
京都市上京区衣棚通下立売下ル東立売町203大京ビル2F
TEL:075-222-2133   FAX:075-222-1822
E-mail:info@w-c-k.org  
HP:http:://www.w-c-k.org/
# by wck-news | 2007-08-03 23:08 | お知らせ(講座情報など)
10月から2つ、WCKの新講座が始まります。まずは、簡単なご案内を・・・。

■シネマ de フェミカン
あの映画をフェミカンの視点で「観なおし」ませんか?
毎回特定の映画を題材に、フェミニストカウンセリングの視点で分かち合います。
存分に語り合いましょう。

日時:2007年10月6日スタート 全5回
    第1,3土曜日 PM1:30~3:30
参加費:10,500円(消費税込)


■フェミニストカウンセリングを実践する~フェミニストカウンセラー養成講座~
DV・セクハラ等の支援や相談に関わっている方、これから関わろうと思っている方を対象に、1年間の講座を開講します。

日時:2007年10月26日~2008年7月
    全32回(3クール)
    毎週金曜日 PM7:00~9:00
 
    
★両講座とも、詳細は9月以降に、ご案内いたします。お問い合わせ下さい。
# by wck-news | 2007-07-27 21:33 | お知らせ(講座情報など)

フェミニズムの視点にたった女性のためのカウンセリングルーム、ウィメンズカウンセリング京都のスタッフブログです。最新の講座情報やスタッフの雑感などをお届けしています!


by WCK-News